明日の一言ネタ 地震発生後例題 毎日使えるスピーチネタ

1.41 朝礼ネタ

明日の一言ネタ 地震発生後例題 毎日使えるスピーチネタ

朝礼の参考例を記しておきます。

この参考例はあくまで僕の性格が反映していますので、 実際に使う場合にはあなたの言葉に置き換えてくださいね。

スポンサーリンク

地震発生後を利用した朝礼の一言

『今朝起きてニュースを見ている中で知ったのですが、このあたりで深夜、震度5弱の地震があったようですね。

僕の住む家では幸い大きな被害はなかったのですが、会社でその話をする中では何人かの方が小さな被害を受けていたようです。

そんな話を聞いたため、僕もこの集まりの前に軽く事業所内の倉庫部分を見て回ったのですが、先ほどの状況確認だけで言えば、大きな被害はなさそうでした。

ただ、商品や備品の状態の全てを見て回ったわけではないので、地震の影響でいつ落下してきてもおかしくない状態のものが無いとは言い切れません。

解散後、皆さんは各担当位置で危険な状態の商品や備品が無いかを確認して下さい。

宙づり状態の看板や背丈よりも高い位置に存在する備品には直接近付かず、距離を置いて目視確認をまず行ってください。

その中で仮に危険と思われる状態の何かがあった場合には単独で処理しようとはせず、周囲に確認を呼びかけ、必ず複数人で処理に当たってください』

スポンサーリンク

話題の狙いと余談

7段階(9段階)存在する地震のレベルは震度4くらいまでは落ち着いていられますが、5を超えると極端に変化が生じる印象ではないでしょうか?

いつ発生するか分からない地震の存在は、発生と同時に『通常』という言葉が通用しなくなる場合があります。

特に見慣れた光景のそこかしこに危険が生まれる場合が往々にしてあり、それらが強い震度で崩壊するのであれば誰の目から見ても危険を感じさせるものですが、中途半端な震度4ではその危険性が目で見とれない場合が往々にしてあるのですね。

その結果、安全意識が後回しとなり地震発生の事実を忘れた後になって事故に繋がるというケースもあるようです。

大小問わず、特に人身事故は避けるべき問題ですので、少しでも『揺れが強かった』と感じた地震発生後の確認は念入りに行いたいものですね。

スポンサーリンク

関連ページ

人前で話すのが苦手という人に向けた話をまとめてあります。

どうしても朝礼や昼礼といった、『人前が苦手・ネタ探しが苦手』という人に役立てば幸いです。

朝礼のアドバイス

【朝礼のコツ ネタを考えてしまうアナタに】へ

【朝礼って本当に必要? そんな疑問を持つアナタに】へ

【朝礼のアドバイス こんな一言は避けよう 【しどろもどろな『一言』】】へ

【朝礼のアドバイス こんな一言は避けよう【話が締められていない】】へ

【朝礼のアドバイス こんな一言は避けよう 特定人物を名指しした注意について】へ

【円滑作業の基礎の基礎 様々なシチュエーション下での指差し呼称ネタ100例】へ

毎年(いつでも)使える一言ネタ集 明日の朝礼ネタ

各月に話しやすい月ごとのイベントや流行りネタを簡単にまとめています。
1月ネタ 2月ネタ 3月ネタ 4月ネタ 5月ネタ 6月ネタ
7月ネタ 8月ネタ 9月ネタ 10月ネタ 11月ネタ 12月ネタ
季節を問わない『よくあるネタ』を簡単にまとめています。
仕事ネタ 安全ネタ 賞賛ネタ 説教ネタ 過去ネタ 雑談ネタ

これぞいつでも使えるスピーチネタ!

本当に何を言って良いのかが判らない方に向けて気象・災害ネタを作りました。

言葉を変えるだけで業務上の安全対策や5Sにも繋がるので活用してください。

いつでも使える気象・災害ネタページへ

 

朝礼や昼礼などの場に立つ事に抵抗が無くとも、ネタに困っているという場合にはサイト内検索で何かキーワードを入れてみてください。

使えるネタが発掘できるかも知れませんよ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました