1.2シゴトの言葉

会社組織の中で働く場合の、知っておいて損はない言葉とその例え

1.2シゴトの言葉

印象に残る言葉 辛く感じるのは努力を続けている証

詩人の残す言葉には考えれば考えるほどに味があるものがありますが、その中の一文に非常に印象深いものがありましたので紹介します。 マンネリ化で嫌気がさす仕事に添える事で、その向き合い方に変化が現れるかも知れませんよ。
1.2シゴトの言葉

コツコツカツコツ

一見、平和な世の中に身を置いているように見えても生きる上ではたゆまぬ努力というものが何かにつけて必要になりますね。 ここでは人に勝つコツという内容に沿った話をしたいと思います。
1.2シゴトの言葉

働く上で重要な言葉『今現在のラインがゼロ』

どんなに優れた会社に入社したとしても、全ては第一歩から始まりますね。 転職とはそれまでの歩数を全てリセットした上で、新たな会社の示す第一歩から始まります。 あなたはこれまでの歩いた歩数を考えて転職先を考えていますか?
1.2シゴトの言葉

是非のびっくり 意味を知ればけっこう笑える

物売りの言葉は聞いていると面白い部分があるもので、わりと押し売り精神が強いものだなと感心します(笑)。 でも、相手の気持ちを考えない一方的な売り方っていうのは考えものですが、その意味を知らないままに言葉にするところがもっと考えどころかと。僕も人の事は言えないのでしょうが。
1.2シゴトの言葉

儲け話 儲けるための話

儲け話は好きですか? それとも儲けることが好きですか? そもそも儲けって何でしょうね。人の考え方はそれぞれですが、1円でも100円でも利益が出れば儲けなんですよね。でも、それでは少なく感じますか? 100万円なら、1000万円なら多いといえるのですか? そんな疑問に僕なりの説明をします。
1.2シゴトの言葉

楽しく仕事をするための重要な言葉

重要な言葉というものはたくさんありますが、人の人生を揺るがすほどの重要な言葉というものは多くはありません。 あなたには自分の考え方を変えてしまうほどの大きな意味を持つ言葉に出会ったことはありますか?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました