伊東園ホテル塩原宿泊 バイキングを楽しんだ☆

5.0 グルメ? 食いしん坊すえ

伊東園ホテル塩原宿泊 バイキングを楽しんだ☆

こんにちは! すえです!

那須塩原に家族旅行という事で、今回は伊東園ホテル塩原という宿泊施設を利用させていただきました。

ここでは伊東園ホテル塩原のバイキング方式による食事を紹介したいと思います。

今どき流行りの食事方法?

ひと昔前の宿泊先の食事と言えば、その地域ならではの懐石料理や高級素材にモノを言わせたメニューがセオリーでしたが、
これって個人の好みによって評価が激しく分かれ、例えば肉好きの僕が魚好きの親と旅行に行った場合、多くが食事の度にパッとしない印象があったんですね。

当時、幼いながらも出される料理の凄さというものは伝わりましたが、
子供が食べるにしては多すぎる量をはじめ、見た目の華やかさというよりはむしろ迫力を感じましたし、
何よりも決められたメニューだけで食べるというのが苦痛でもありました。

そして安くはない宿泊費用もあってか、親もどうにかして完食を目指させるんですよね。アレがまた苦痛で…。

時代は進んでお子様メニューの配備も目立ってきましたが、お子様メニューと言えばお子さまながらの定番でして…

  • ハンバーグ(小)
  • スパゲッティー(少)
  • ピラフ(プリン1個分?)

…うん…、キライじゃない。…でも、なんか違うんだ…。みたいな…。

そしてさらに時代は進みましたね。

いつの間にか出現していたバイキング方式!

好きなものを好きなだけ食べる!
気になったものを気になった分だけ食べる!

物凄く単純な発想ですが、これこそ食べる側としては至高でしょう!!(大げさかな? でも、正直な回答です☆)

という事で…

やっぱサイコー! バイキング!

…の紹介です!

今回の舞台(?)はタイトル通り、伊東園ホテル塩原となります。

まずは夕食から。

低価格を思わせないメニュー数

バイキングと言えば何を選んで良いのかを迷うほどの品数を連想しますが、伊東園ホテル塩原もその例に漏れていませんでした。

なるべく料理が陳列されて早い段階(従業員以外の誰も画像に入り込まない)の画像を準備しようと頑張って先頭集団に紛れ込んだのですが、まぁ…、ムリでした(笑)。

画像は運よく宿泊客が1名のみの写真でして、ほぼ会場入り口からのものです。
あまりの混雑でしたので見せられる画像は限られますが、イメージとしてはこの画像に入りきれない壁際全てと、右に続く部屋にも複数存在すると思ってください。

期間限定のメニューもあるようで、僕が行った時はステーキがそれでした。
食堂の入客状況を気にすることも無く次々に肉を焼く姿は見るだけで楽しかったです。

加えて言うならば、さすがは期間限定の目玉的存在というか、山にされたサイコロステーキがあっという間に姿を消す光景も圧巻でしたね(僕もその1人なんですけど)。
そして気付けば山が復活している。みたいな。

基本コミコミ価格

一定の料金で複数のメニューから選び放題・食べ放題というのがバイキングの基本スタイルですが、
多くのバイキングコースではあくまでも料理が食べ放題。…というケースが多いですね。

ところが伊東園ホテル塩原では、ソフトドリンクとアルコールも全て含まれた料金ですので、いわゆる『食べ放題・飲み放題』となっているんです。

低価格にて宿泊できるのが伊東園ホテル塩原のウリの1つとは家族から耳にしていましたが、ソフトドリンクはともかく、アルコールまでコミコミはなかなか耳にしないのでは?

↑100%好みがバレる第一戦目のチョイス。二戦目以降は食べる事に夢中で写真の事すら忘れてたり。
 バイキングとなると毎回動けなくなるくらい食べてしまうのですが、今回は…やっぱり動けなくなりました(笑)。日本酒が甘くて美味しかった…。

唯一の追加料金メニューはすき焼きだと思いましたが、1人前のコストがだいぶ抑えられている印象がありました。

一言申します

一部の口コミで伊東園ホテル塩原のバイキングは品切れを起こしてからの追加設置が非常に遅いという内容を耳にしたので、宣伝がてら、そんな確認もしてみました。

伊東園ホテル塩原の夕食バイキング時間は120分と記憶しますが、食事開始に関しては宿泊客が数種類の時間帯から選ぶ事になります。

具体的な開始時間は
17:00
17:30
18:00
…と、30分刻みなわけですが、それぞれの開始時間に合わせて料理はきちんと設置されていましたのでご安心を。

人気メニューに宿泊客が集中して底を尽き掛ける場面も確かに目撃しましたが、これはこれで食事開始より15分以上経過し、各時間ごとに宿泊客が殺到していたため必然かと。

もちろん、そういったプレートは従業員が気付き次第、新しいものに交換していましたけどね。

口コミの中で苦言を発する方は、おそらく開始時間より遅れて食堂に足を運ぶなどをしたために、先客に先を越されてしまった結果と僕は考えました。

洗練された素早い対応ですよ。

朝食バイキング

朝食バイキングはだいぶ昔から定番のような気がするスタイルでして、伊藤園ホテル塩原も同様でした。

昨日はステーキ肉がジュージュー言ってたプレート上も、この時はフレンチトーストが物静かに熱を加えられていたりします。

↑目の前で作られる大量のフレンチトースト。実は初めて食べたのですが、甘くてプルプルしてるんですね。1枚だけのつもりが4枚食べました。

↑朝の第一戦。朝も朝で色々と食べましたが、小鉢系が気に入ってしまい、9マスプレートに9個の小鉢という怪現象も起きました(笑)。
ところで、どうして日本の朝食って味付けのりが頻繁に登場するんでしょうね?
僕も何となく口にしますが、『おかず』というよりは『おやつ』なんですよね。

ごちそうさまでした

という事で、個人的には毎回ながら苦しむほど食べてきたのですが、やっぱりバイキングってイイナって思いますね。

伊東園ホテル塩原も然りでして、もともと先払いの宿泊スタイル。余計な追加料金を気にしないでワイワイできるのって、いいと思いますよ。

↑これらのメニューのほかにもたくさんありましたが、ソフトドリンク・アルコール・デザートに関しては完全に撮り忘れていました…。

伊東園ホテル塩原 他の記事にリンク

【伊東園ホテル『全体像』紹介】詳細へ

【伊東園ホテル『大浴場』紹介】詳細へ

【伊東園ホテル『遊戯ホール』紹介】詳細へ

基本情報

〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原2196−4

TEL 0570-067-780(代)

料金前払い制

一部追加を除き食べ放題・飲み放題(アルコール類含む)コミコミ価格

卓球・カラオケルームなど一部は先着予約制

アクセス

・西那須野駅からバスで40分(JRバス:塩原温泉バスターミナルで下車して、タクシーで5分)

・東北自動車道『西那須野塩原IC』下車後、信号右折約25分
駐車場有

那須塩原の温泉旅行 各ページリンク

0:那須塩原の温泉旅行体験談 総合ページ

1:【竜化の滝】詳細へ

2:【箒川ダム 塩原渓谷歩道】詳細へ

3-1:【木の葉化石園】詳細へ

3-2:【那須塩原旅行記念『化石の素?』の持ち帰り】詳細へ

4:【古町馬車亭】詳細へ

5-1:【伊東園ホテル『全体像』紹介】詳細へ

5-2:【伊東園ホテル『大浴場』紹介】詳細へ

5-3:【伊東園ホテル『バイキング』紹介】詳細へ

5-4:【伊東園ホテル『遊戯ホール』紹介】詳細へ

6-1:【元泉館『目で楽しむ率直な感想』紹介】詳細へ

6-2:【元泉館『大浴場』紹介】詳細へ

6-3:【元泉館目的地までの注意点】詳細へ

7:【おそらく期間限定『道の駅 湯の花 しおばら』紹介】詳細へ

その他:【那須塩原 実際に歩き回った感想】詳細へ

番外1:【宇都宮餃子館『西那須野店』紹介】詳細へ

番外2:【道の駅 しもつま紹介】詳細へ

すえブログ全もくじへリンク

投稿順の目次へリンクします。

カテゴリもごちゃまぜなので目が回らないようにご用心♪

【ブログ内全もくじ】へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました