那須塩原旅行 竜化の滝案内

2.0 レジャー

那須塩原旅行 竜化の滝

こんにちは! すえです!

栃木県の那須塩原へ観光に行く際には候補から外せない場所の1つとして

竜化の滝

というものがあります。

 

山の中の滝と言えば徒歩による見学がほとんどですが、この滝、ありがたい事に入り口から10分~20分ほどの場所にあるため、お子様からご老人まで年齢を選ばずに誰でも気軽に訪れる事が出来るんですね。

もちろん、滝は山の中に存在するために急斜面などのこう配が気になるところですが、こちらも観光地という事もあってか複数の渡り橋が設置されているなどの配慮がなされており、体力に自信がない方でも気軽に訪れられます。

ちなみに僕自身が見た感じでは、最年少で園児の兄弟複数、定年後のご老人などの姿も多数見えました。

一番目立ったのは僕たちのような家族連れですが、次いで多かったのは女性同士(大学生くらい?)の観光客みたいですね。

そういった前置きで那須塩原旅行 竜化の滝の中身を紹介したいと思います。

猛暑を忘れさせる自然内部

↑一応歩道案内の看板がありますが、内部は一本道に足して切り立った崖に山肌に囲まれていますので、迷う方が難しいでしょう。

滝への歩道に入れば即座に木々が日除けを担ってくれますので、その時点でウソのように『暑さ』を忘れられます。

↑入り口から少しの間は道路に沿って進みます。
 道路の向こう側を流れる川を『箒川』と言いますが、この川もなかなかな味がありますよ!

早くも名所接近

道路に沿って歩く歩道は一度下りますが、その直後にもう一度斜面を登るといよいよ滝に向かって進む事になります。

この気軽さなんですかね、竜化の滝の人気の秘密とは。

↑道路に背を向けたとたんに印象がガラリと変わる内部。目的の竜化の滝に繋がる小川がお出迎え。

↑右上のつり橋の見えるこの位置の背後には『足をつけて遊ぶ程度』にはもってこいの広さがあります。
 実際、小さなお子さんがわんぱくに遊んでいましたので、そういったお子さんと共に訪れる場合には予備の靴も準備するといいかもですね。
 ちなみに水は気持ち良いほどに冷たく、昔の子供が川遊びをした理由を頷かされます。

僕個人が伝える『見どころ』

この場所の総称が竜化の滝とあって、誰もが連想するのが竜化の滝そのものと、そこから繋がる川でしょう。

もちろん、僕もそれには反対しませんが、せっかく来たのだから滝や川といった『水』に見所を限定せず、山そのものにも視野を広めてみましょう。

見れば見るほどに自然の凄さと不思議を同時に味わえますよ!

 

↑まるで誰かが意識的に造ったような自然岩の形(左)。
小さな石の多くも綺麗な角が形成されています(右)。

↑実際に目で見ない事には絶対に伝わらない、切り立った岩肌の迫力。
 高さ数十メートルのこういった光景に挟まれての見学は、ある意味で圧巻ですね!

ここも名所でいいんじゃない?

さて、竜化の滝を目の当たりにしようと進んでいると、その手前に別の滝を目にし、そこを通過する事になりますが、個人的にはこれも名所でいいんじゃない?? と思う場所に感じたので紹介しますね。

滝の名前は

風拳の滝

と言うらしく、滝や岩場の位置関係から絶好の撮影ポイントとなっています。

↑風挙の滝を正面から。もう少し進んだところにシャッターポイントがありますが、いかにもな感じで存在しますので見落としは無い筈…。
 あとはご自身の目で☆

ある意味でうっかりだったんですが、風挙の滝のすぐ上には大きな岩があるんですが、その岩の上に木が育っているのも自然の根強さというか、不思議さを感じました。

『はぁ~、すげぇなぁ~』

…なんて思いにふけってしまい、画像を撮り忘れていました…。
必見と言うわけでもありませんが、見れば見るほどに何かを考えさせられる光景ではありますよ。

目的地『竜化の滝』到着!

僕にとっては見所ばかりの景色の中、ついに(?)目的の滝に到着しました。

あらかじめ伝えておきますが、やっぱり写真や画像ではその凄さというものが微塵も伝わらないところが残念です。

↑たくさん収めた画像から苦渋の1枚。
 現地に立つのと画像を眺めるのとではエライ違いがあるんです。

 

ごうごうと鳴りやまない滝を背に

最終目的地となる竜化の滝が写真撮影にもってこいの場所という事は言うまでもありませんが、どうせ来たなら存分にマイナスイオンを浴びて帰りましょう。

ここまでの片道は僕たち一家がのらりくらりと進んでも大体約20分前後だったので、立ち寄る際には往復40分という目安をプランに含めるとその前後の行動が立て易いかも知れませんね。

以下は紹介し切れなかった、それでも見て欲しい画像の一部です。

という事で、ここでは僕たちの那須塩原旅行の中から竜化の滝を案内してみました。

アクセス

〒329-2921  栃木県那須塩原市塩原字東山国有林

・西那須野駅からバスで30分(JRバス:竜化の滝下車)

・竜化の滝から徒歩で20分

・東北自動車道『西那須野塩原IC』下車後、信号右折約15分
国道400号線を挟んだ両側に駐車場有
竜化の滝入り口反対側駐車場にトイレ・自動販売機有

竜化の滝入り口側から見た対面の駐車場です。

ちなみに手前の道路が国道400号線。ここ一帯の幹線道路となり交通量が多いので子供の飛び出しにはじゅうぶんに注意しましょう。

那須塩原の温泉旅行 各ページリンク

0:那須塩原の温泉旅行体験談 総合ページ

1:【竜化の滝】詳細へ

2:【箒川ダム 塩原渓谷歩道】詳細へ

3-1:【木の葉化石園】詳細へ

3-2:【那須塩原旅行記念『化石の素?』の持ち帰り】詳細へ

4:【古町馬車亭】詳細へ

5-1:【伊東園ホテル『全体像』紹介】詳細へ

5-2:【伊東園ホテル『大浴場』紹介】詳細へ

5-3:【伊東園ホテル『バイキング』紹介】詳細へ

5-4:【伊東園ホテル『遊戯ホール』紹介】詳細へ

6-1:【元泉館『目で楽しむ率直な感想』紹介】詳細へ

6-2:【元泉館『大浴場』紹介】詳細へ

6-3:【元泉館目的地までの注意点】詳細へ

7:【おそらく期間限定『道の駅 湯の花 しおばら』紹介】詳細へ

その他:【那須塩原 実際に歩き回った感想】詳細へ

番外1:【宇都宮餃子館『西那須野店』紹介】詳細へ

番外2:【道の駅 しもつま紹介】詳細へ

すえブログ内容の一部引っ越しについて

こんにちは、すえです☆

いつもご来訪誠にありがとうございます!

 

唐突ですが、このたびすえブログは『ごちゃまぜブログ』から『特化型ブログ』に転身すべく、

当サイトを近日中に仕事に関する専門ブログという内容で固めていく方針となりました。

 

当サイトにてこれまで掲載させて頂いたカテゴリー一覧による

  • レジャー
  • いばらき・つちうら散策
  • グルメ? 食いしん坊すえ
  • レストランとか
  • 間食万歳!

につきましては以下のサイトに移し替えておりますので、他に気になる内容がございましたら下記リンクをご利用ください。

https://furafura777.com/イベント/土浦全国花火競技大会の穴場_ナルホド情報/

※土浦全国花火大会ページにジャンプしますので、その後サイドバーからお好みの投稿をご覧ください。なお、現在は下書き同然の構成となっております…。(これはこれでレア?)

 

すえ

コメント

タイトルとURLをコピーしました