那須塩原 伊東園ホテル塩原の総合的な感想

2.0 レジャー

伊東園ホテル塩原の総合的な感想

こんにちは! すえです!

家族旅行で那須塩原に行ってきましたので、その感想をブログでご紹介です。

伊東園ホテル塩原での宿泊は今回の家族旅行のメインという事もあり、話が長くなりますので4つに分けて紹介しますね☆

このページでは伊東園ホテル塩原の総合的な感想をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

伊東園ホテル塩原

スーパーインドア派の僕は普段から旅行を気にする事は無いのですが、その反動か、せっかく行くことになった旅行に関してはキッチリ楽しみたいんですよね。

特にお風呂関係となれば類を問わずに好きで、『大浴場』という言葉には心躍り過ぎて時間の許す限り部屋と風呂とを往復します。

数にすれば毎回5回以上は入りますね(笑)。

↑伊東園ホテル塩原駐車場より。
 個人的な思いで恐縮ですが、やっぱり旅行となると都会よりも、こういった自然に囲まれた場所が僕にとっては好みなんですよね。
 山を背にする宿泊先は今までに何度も目にしましたが、伊東園ホテル塩原もまた深い思い出に残る自然に囲まれていました。

スポンサーリンク

伊東園ホテル塩原イン

宿泊施設の滞在時間の印象としては、チェックインはともかく、チェックアウトは午前10:00というのが僕の中の普通でしたが、伊東園ホテル塩原って正午(12:00)なんですね。

この時点でなんだかお風呂一回分得した気分だったんですが、今どきはこの時間のチェックアウトが普通なのかな?

↑実際に宿泊した部屋です。
 家族が早まって荷物が…(今気付いた…)。

予約した部屋はセミダブルベッド2台とシングルベッド1台と耳にしていましたが、実際にはセミダブルベッドが3台でした。

ある意味で父親の宿命としてシングルベッドに半強制インと心構えていましたが、思わぬところで幸運に恵まれたようです。

というか、わざわざルームメイキングでベッド移動なんてするわけもないと思われるため、きっとこちら側の認識に誤りがあったのでしょう。

ちなみに先の東日本大震災の影響が気になっていましたが、少し前に内部の全体修繕を施していたらしく、震災の影響などの心配はすぐに消えました。

…もっとも、大震災の影響がどう出ていようと、個人的には気にしない性格なんですがね。

↑どの宿泊先にも必ずと言ってもいいほどに存在するユニットバス。大小の区別なく、なぜか見るだけで安心する不思議…。

スポンサーリンク

コッソリ(でもないけど…)館内探索

公園でも遊園地でも、滅多に行かない所に足を運べば可能な限り隅々まで記憶に留めたいと思うのが僕の癖でして、当然ながら旅館でもペンションでも考えは同じなんです。

もちろん、今回楽しませていただいた伊東園ホテル塩原も、残念ながら(?)僕の宿泊が決定されたと同時にターゲットになってしまったわけで、
僕としてはどんな旅館でもしたように、こちらでもさりげなくウロウロしました☆

そんな僕のウロウロ具合を一部の画像として紹介します。

↑玄関前ロビーによく見るリラックス空間。こちらは食堂前の空間。
 1つの施設の中で複数のリラックス空間は僕の中でレアです。

↑大浴場前の待合ホール。背面ののどかな山景色を眺めつつ、ゆっくりできる場所でした。

↑多層旅館あるある。フロアごとに床や壁のデザインが異なる造り。これを見るのが好きなんです。
もっとも、この違いは客に向けられたものではなく、従業員がそれぞれに現在位置を把握する為のものと思われますが。

スポンサーリンク

個人的にして総合的な印象

あくまで僕の個人的な印象なんですが、宿泊ホテルの接客形態って大きく2つに分かれるんですね。

1つは昔から続く完全接客型というか、フロントの係り員以外の従業員は必要最低限以外の言葉を一切放たないスタイル。

とにかく決められた要件の決められた時間以外では、客側から何か声を掛けられない限り、何も言わないといった風潮ですね。

個人的には従業員側から余計な声を掛けない事で、客の望むままの時間を存分に提供するスタイルと認識しており、大小様々の宿泊先でわりと普通に感じるスタイルでもあります。

 

もう1つは平成に入ってしばらくしてから気付いたのですが、自由形というか自然型というか、かしこまった形式とは別に、従業員が客に挨拶してくるスタイルですね。

イメージとしては親しみのあるご近所さんみたいな感じで、状況に合わせて
『こんにちは・お食事ですか?・もうちょっと待っててくださいね』
と言ったふうに、ささやかな言葉を掛けてくるスタイルです。

こちらは従業員と客との境目を和らげる事で、気分良く楽しんでもらうといった目的でしょうか。

 

伊東園ホテル塩原の接客スタイルは後者となり、まさに業務の真っ最中であればその作業に専念し、何らかの待機時間の時には通り過ぎる宿泊客に対して気さくな一言を掛けていたんですね。

僕も数回ほど声を掛けられましたが、その1つ1つの声掛けがごく自然なものでして、なんだか親近感が湧くんです。

それがサービスの一環なのか、従業員自らの気持ちなのかまでは残念ながら判断できませんが、これが各従業員の自然な対応というのであれば、また来たいと純粋に思えますね。

なぜなら、明るい声を客に対して自然に出せる会社とは、会社が従業員を大切にしている証拠であって、だから仕事に対する満足感を得られる従業員は率直な感謝を客に表現する事が出来ると思うからです。

 

そういった事で、総合的な僕の感想は好印象です。

…だからこそブログ化できるんですがね☆

え? 抽象的でわからない??

行けば分かりますよ☆

伊東園ホテル塩原 他の記事にリンク

【伊東園ホテル『大浴場』紹介】詳細へ

【伊東園ホテル『バイキング』紹介】詳細へ

【伊東園ホテル塩原『遊技ホール』紹介】詳細へ

スポンサーリンク

基本情報

〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原2196−4

TEL 0570-067-780(代)

料金前払い制

一部追加を除き食べ放題・飲み放題(アルコール類含む)コミコミ価格

卓球・カラオケルームなど一部は先着予約制

スポンサーリンク

アクセス

・西那須野駅からバスで40分(JRバス:塩原温泉バスターミナルで下車して、タクシーで5分)

・東北自動車道『西那須野塩原IC』下車後、信号右折約25分
駐車場有

スポンサーリンク

那須塩原の温泉旅行 各ページリンク

0:那須塩原の温泉旅行体験談 総合ページ

1:【竜化の滝】詳細へ

2:【箒川ダム 塩原渓谷歩道】詳細へ

3-1:【木の葉化石園】詳細へ

3-2:【那須塩原旅行記念『化石の素?』の持ち帰り】詳細へ

4:【古町馬車亭】詳細へ

5-1:【伊東園ホテル『全体像』紹介】詳細へ

5-2:【伊東園ホテル『大浴場』紹介】詳細へ

5-3:【伊東園ホテル『バイキング』紹介】詳細へ

5-4:【伊東園ホテル『遊戯ホール』紹介】詳細へ

6-1:【元泉館『目で楽しむ率直な感想』紹介】詳細へ

6-2:【元泉館『大浴場』紹介】詳細へ

6-3:【元泉館目的地までの注意点】詳細へ

7:【おそらく期間限定『道の駅 湯の花 しおばら』紹介】詳細へ

その他:【那須塩原 実際に歩き回った感想】詳細へ

番外1:【宇都宮餃子館『西那須野店』紹介】詳細へ

番外2:【道の駅 しもつま紹介】詳細へ

すえブログ全もくじへリンク

投稿順の目次へリンクします。

カテゴリもごちゃまぜなので目が回らないようにご用心♪

【ブログ内全もくじ】へ

ごちゃごちゃがイヤな方はサイドバーのカテゴリからどうぞ♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました