那須塩原観光旅行 古町馬車亭

2.0 レジャー

那須塩原観光旅行 古町馬車亭

こんにちは! すえです!

たまの家族旅行という事で那須塩原まで温泉旅行に行ってきました。

今回はその流れを伝っての紹介となりますが、宿泊ホテル到着前に腹ごしらえという事で立ち寄った場所が古町馬車亭という所でした。

広い駐車場が備わっていて、一見したらお土産屋さんの密集地帯と思ったのですが、どうやらそこは那須塩原のイベントを行う多目的広場のようでしたね。

スポンサーリンク

古町馬車亭

僕たち家族は旅行をする際、宿泊する施設の詳細こそ下調べするのですが、その他は行ってからのお楽しみという事も含め、あまり周囲情報を仕入れない考えなんです。

なので、限られた時間の合間合間に『どこに行く? どうする?』なんて会話も度々登場し、一見すれば時間の無駄なんですが、それもまた予想外の発見があって楽しいものですよ。

ただでさえ知らない土地で、注意深く周囲を見回す事になりますからね。

そんな中で気になったのが古町馬車亭という所です。

↑古町馬車亭で最も目立つのがトイレ。
 駐車場奥の中央に建てられているため、否応なしに目立ちますが一見すれば何かのお店に思いました。

↑男子トイレより。
一見して驚いたところが便器の水の流し方。
プッシュボタンを押すのではなく、蛇口をひねるんですね。プッシュボタンが開発される以前の名残でしょうか?

↑トイレを越えると小川を背景に人工の池がありました。
 那須塩原の全体に言える事ですが、一つ一つに管理が行き届いていて清潔感が保たれています。

この時期のイベント

古町馬車亭が多目的広場何だろうと思った事は先程も伝えましたが、この日もイベントが行われていました。

ニジマスのつかみ取りがそれに該当しており、観光のお子さんたちが声高らかに楽しんでいましたよ。

↑幾つかある池の1つで小さな子が池の中で楽しむ様子。

ちなみにこの画像を収めた時に僕はイベント内容を知りませんでしたので、遠目から撮ったこの1枚がイベント内容の全てです…。

むしろイベントよりも奥の山や川、そして手前の池と家族を眺め、『画になるなぁ』とか考えていました。

↑そして帰り際に宣伝に気付く僕。駐車場で入り口の目立つところに設置されていましたが、そこに気付かないところは僕オリジナルのクオリティー…。

古町馬車亭の活用

何かのイベントの度に活用されそうな古町馬車亭ですが、観光中の中央地点・集合地点・中継地点としても活用できそうな場所でもありました。

というのも、僕が行き来した周辺は昔ながらの町並みといった感じで、道路自体が広いとはいえず、気になるお店の駐車場も少ない印象がありました。

この古町馬車亭は那須塩原の観光区域の中心部に存在し、周辺にも商店が立ち並ぶため、ここに車を止めて徒歩で向かうには最適な存在なんですね。

複数の車両で訪れた場合の集合地点にもうってつけだと思います。

いずれにせよ、那須塩原旅行の中で高確率で目に入りそうなポイントとして古町馬車亭が存在する事は間違いなさそうです。

基本情報

〒329-2921  栃木県那須郡塩原町下塩原491-2

アクセス

・東北自動車道『西那須野塩原IC』下車後、信号右折(国道400号線)約40分
駐車場・トイレあり
周辺に食堂・土産屋あり

記事内部に触れていませんが、『トテ馬車』があります。
観光地周辺を40分ほどかけて見て回る馬車のようです。

↑きっと一番目を引く存在のトテ馬車。ちびっ子よりもカップルに人気があると聞きました。

スポンサーリンク

那須塩原の温泉旅行 各ページリンク

0:那須塩原の温泉旅行体験談 総合ページ

1:【竜化の滝】詳細へ

2:【箒川ダム 塩原渓谷歩道】詳細へ

3-1:【木の葉化石園】詳細へ

3-2:【那須塩原旅行記念『化石の素?』の持ち帰り】詳細へ

4:【古町馬車亭】詳細へ

5-1:【伊東園ホテル『全体像』紹介】詳細へ

5-2:【伊東園ホテル『大浴場』紹介】詳細へ

5-3:【伊東園ホテル『バイキング』紹介】詳細へ

5-4:【伊東園ホテル『遊戯ホール』紹介】詳細へ

6-1:【元泉館『目で楽しむ率直な感想』紹介】詳細へ

6-2:【元泉館『大浴場』紹介】詳細へ

6-3:【元泉館目的地までの注意点】詳細へ

7:【おそらく期間限定『道の駅 湯の花 しおばら』紹介】詳細へ

その他:【那須塩原 実際に歩き回った感想】詳細へ

番外1:【宇都宮餃子館『西那須野店』紹介】詳細へ

番外2:【道の駅 しもつま紹介】詳細へ

すえブログ全もくじへリンク

投稿順の目次へリンクします。

カテゴリもごちゃまぜなので目が回らないようにご用心♪

【ブログ内全もくじ】へ

ごちゃごちゃがイヤな方はサイドバーのカテゴリからどうぞ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました