1分間スピーチ 8月朝礼ネタの『終戦記念日』参考例

1.41 朝礼ネタ

8月朝礼ネタの『終戦記念日』参考例

朝礼の参考例を記しておきます。

この参考例はあくまで僕の性格が反映していますので、 実際に使う場合にはあなたの言葉に置き換えてくださいね。

終戦記念日を利用した朝礼の一言

『第二次世界大戦の敗北を喫し、その後の日本の高度成長期の話は有名ですが、そんな感じの授業を子供が受けたらしく、『戦争直後の日本の生活ってどんな感じなの?』と言った質問を受けました。

僕も実際に戦後と呼べる戦後の生活を体験したわけではないので明確な話は出来ませんでしたが、代わりに自分が幼稚園時代の生活環境をそれなりに伝えてみました。

まず、空調設備と言えば扇風機が当たり前でエアコンなんて言葉は聞きませんでしたね。

テレビは白黒ではないものの、リモコンなんてものは存在せず、つまみと呼ばれるガチャガチャする回転器具でチャンネルを合わせ、家庭で遊べるテレビゲームも夢すら見ない非現実なものでした。

お店は個人経営店が目立ち、その多くが9時から5時あたりの営業時間。大型スーパーは10時開店の5時閉店でしたね。

走る車の一部は雨の日に油の痕を残し、車の数もいまほど多くはなく、場所にもよる話でしょうが渋滞が珍しく、10分もノロノロ運転が続けば渋滞し過ぎ! なんて事を子供心ながらによく思いました。

 

…なんて事を伝え、そのついでに『それらのほとんどが戦争直後には無かったんだよ』と言うと、スマホを片手に子供は『これは?』と。

画面にはスナック菓子が表示されていましたが、もちろん、戦後にはそんなものもありませんので、

『お菓子どころかごはんも食べられない人が多かったんだよ』

と伝えましたが、どうやらこれが一番子供にとって不便を感じさせたようです。

 

まあ、昔の悲惨な生活を伝えても現在の役に立つかどうかは正直判らない部分が多く、聞くと見るとでは…の話ではありませんが、悲惨な状況とはその場に立たされないと本当の意味での理解なんて出来ませんからね。

でも、知って損はないという話でもあるので、今度ジブリ作品の『火垂るの墓』でも一緒に眺め、横から説明をしてあげようと考えています。

戦争についてというよりも、戦争の痕跡を色々と考えさせられる作品だと思いますので、平和ボケを感じる方にもいい作品かも知れませんね』

関連ページ

人前で話すのが苦手という人に向けた話をまとめてあります。

どうしても朝礼や昼礼といった、『人前が苦手・ネタ探しが苦手』という人に役立てば幸いです。

朝礼のアドバイス

【朝礼のコツ ネタを考えてしまうアナタに】へ

【朝礼って本当に必要? そんな疑問を持つアナタに】へ

【朝礼のアドバイス こんな一言は避けよう 【しどろもどろな『一言』】】へ

【朝礼のアドバイス こんな一言は避けよう【話が締められていない】】へ

【朝礼のアドバイス こんな一言は避けよう 特定人物を名指しした注意について】へ

毎年(いつでも)使える一言ネタ集 明日の朝礼ネタ

各月に話しやすい月ごとのイベントや流行りネタを簡単にまとめています。
1月ネタ 2月ネタ 3月ネタ 4月ネタ 5月ネタ 6月ネタ
7月ネタ 8月ネタ 9月ネタ 10月ネタ 11月ネタ 12月ネタ
季節を問わない『よくあるネタ』を簡単にまとめています。
仕事ネタ 安全ネタ 賞賛ネタ 説教ネタ 過去ネタ 雑談ネタ

朝礼や昼礼などの場に立つ事に抵抗が無くとも、ネタに困っているという場合にはサイト内検索で何かキーワードを入れてみてください。

使えるネタが発掘できるかも知れませんよ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました