スロット用語集 その31 ヒットパレード2

8.0 すえの個人的趣味

スロット用語集 その31(番外編5-2)

どうもです! すえです!

前回の4号機出玉記録に続き、今回は5号機からの出玉記録です。

4号機と比較した5号機以降の出玉とは、まぁさすがに基準の改定後というだけあってドライな感じですが、
同時に展開される事になった低レート遊戯により、『勝負』というよりも『楽しむ』意味合いでの遊戯としては身近な存在になったかもしれませんね。

僕の場合は後者に近いので、敬遠していたARTを楽しむ際には低レート遊戯で楽しむ場合が多いです。

まあ、そういった話はさておき、いよいよ最後となる今回は5号機以降の出玉記録を表記しますね。

現在もスロット遊戯はしているのですが、以前ほどでもないので記録そのものが少なめかもしれませんが、規定改定後の現行機種だからと言って出ないわけではないという意味も含めて記したいと思います。

スロット用語集 その31 番外編5-2

5号機以降の記録です。4号機との違いは出玉が抑えられたという事もあり、2000枚を超えた際に記録する事にしていました。

前回と同じく機種名/その機種の最大出玉記録/投資金額/所要時間/一言感想
の順で紹介します。

5号機以降ヒットパレード

アイムジャグラー/3000枚/2000円/約4時間/個人的には『どういうわけか』という表現しか思い浮かばない、イキナリ人気の頂点に上り詰めたジャグラーシリーズの第一弾。

4号機が終了したばかりのホールがまだわからない5号機挙動を確かめる上で、その筐体価格の値打ち価格から大量導入を図った結果、現在の人気を勝ち取った気がします。

ちなみに4号機時代は当たり前のように出現した『ピエロ・ベル』が、この瞬間から激低の出現率に大変化。その出現確率は高設定時のビックボーナス4回分以上に相当…。

そして機種自体が激辛仕様に大変身しつつも『ジャグ連』という言葉が出回るようになった影響の方が大きく、他機種の追随を許さない王道をひた走っていますね。

『GOGOランプが光れば当たり!』この単純明快さが最大の魅力でしょう。

新世紀エヴァンゲリオン2/3000枚/1000円/約4時間/単純にはビッグ・ミドルビッグ・レギュラーといった3種類のボーナスを搭載した機種。

当時の大人気アニメとのタイアップ効果が功を奏し、一時期はジャグラーと並ぶ人気を誇っていましたね。

スーパービッグボーナスと称される上位ボーナスの出玉は4号機A400タイプに近く、連チャンが叶えば十分に4号機と対抗できる性能を誇っていました。

とはいえ、実はこの機種は第二弾であって、第一弾は同じメーカーのビスティさんより同じエヴァンゲリオンのタイアップ機。そしてその前作エヴァンゲリオンこそ5号機第一号の機種と記憶します。

レギュラー消化中のビッグボーナス抽選やリプレイタイムに重複抽選など、今現在の機種が当たり前として組み込んでいるシステムの様々な部分を先立って考え、実践した機種でもありました。

ハーレムエース/4500枚/2000円/4.5時間/重複抽選にまだ不慣れ感が否めない重複抽選。この頃はネットさんに限らず、様々なメーカの機種で妙な重複ボーナスの連続が確認できた気がします。

ひとまずこの機種においては4500枚が記録ですが、実際の最高出玉は6000枚くらいに達し、その後ひたすら飲まれ続けた結果がこの数値なのです。

そしてこの頃は本当にこういった極端な『出して飲んで』をたくさん体験しましたね。

ちなみに僕がこの台を離れた直後に誰かさんが座りましたが、ノーボーナスのまま、最低3万円を溶かしていました…。

秘宝伝3/8500枚/2000円/約5時間/ボーナス消化中にラッシュ抽選をモノにし、それだけでは勝負にならないラッシュ中に上位モードを獲得して大量上乗せ中にボーナス当選して、そこで更に内部状態を持ち上げて…。

AT・ARTは複雑化する一方ですが、何事もほどほどが良いかと…。

出玉だけを見れば『新基準もなんのその!』といった感じで、特に秘宝伝は大好きなのですが、システムを理解すれば理解するほどに足が向かなくなっていますね。

ボンバーパワフルDX/4500枚/2000円/約3時間/ART中のボーナスストックが嬉しい機種。パチンコ界のアイドル夢夢ちゃんの元気いっぱい姿はスロット界でも健在ですね。

この機種は朝イチの仮天井待遇が特化していたため、珍しくハマったARTでした。
そしてシステムの理解を深めた頃には姿が消えていました…。

まどかマギカ/2000円/4000枚/約3時間/当時『吉宗』と共に導入された機種でしたが、強敵とも思われた吉宗をあっさり抑え、未だに現役の機種となってますね。

あらゆる場所にボーナスやARTの入り口が存在し、出玉性能よりもバランスに優れた機種と表現できるでしょう。

僕個人のボーナス直結は『マジカルチャレンジ』より。そういった仕様なのかもしれませんが、なんだかんだで70%以上はこの演出の一確から始まります。

緑ドンちゃんビバ2/3500枚/1000円/約4時間/4円スロットコーナーで偶然見つけた空き台でした。

理解できないうちに当たって、理解できないままにARTに入って、よくわからない演出と思っていたら特化ゾーンで…。
といった流れでこの出玉…。

結局最後まで理解できなかったので素直に席を立ちました。
そしてこれが最初で最後の遊技となりました。

十字架2/3500枚/1000円/約2.5時間/5円スロットにて。誰かがART入りを落としていたらしく、1回転目で復活演出が発生した驚きの記憶。

そしてよくわからないままに5000枚オーバー。
ART抜けして様子見をしていたら、実はとんでもなく辛い機種と思って撤退。

南国育ち3/3500枚/1000円/約3時間/メーカー側が徐々に5号機機種に慣れてきたのか、なんだか一撃5000枚オーバーが珍しくなってきた印象を持ち始めた頃の機種。

そして4号機世代でモノを言わせれば、とにかく初当たりまでが遠く、無意味に引っ張られる気がしてならないと思い始めた頃の機種でもありますね。

アナザーゴッドハーデス/3500枚/2000円/約8時間/どんなにヒキが強くても(GOD4回・ケルベロス抽選無し)、どんなに上乗せしても、リプレイの引きまでも強過ぎれば大した勝利に繋がらないという一つの例…。

マジックモンスター3/3000枚/2000円/約4時間/この記事を書くまですっかり忘れていた機種でした。ボーナスがトントン拍子に引けるイメージで、結構気に入っていました。ちなみにこの出玉は間違えとも言える数値。

獣王/4500枚/2000円/約3.5時間/4種類存在する上乗せ特化ゾーンでも『ゾウ』が見たくて遊戯しました。ゴリラ特化って凄いのね…。そんな凄さの後に見た像特化って…、うん、まあ、安定した凄さかな?
…で、ライオンの弱さに驚き…。ダチョウは落選しない前提であれば夢いっぱいですね。

ところで『肉声』、要らないのでは?

北斗の拳3/3500枚/2000円/約3時間/たしか5円スロットとかで実践した記憶…。『北斗の拳シリーズ』はもはや多すぎて何代目を遊戯しているのかも不明気味なんです。システムやキャラが追加されるごとにやる気が失せます。

ペルソナ3/10500枚/1000円/約8時間/よりによって1円スロットで万枚達成。これほどに帰りたかった万枚達成も稀ですね。

これの前に遊戯していた捨て台、『北斗の拳3』も万枚越え。失敗した。あっちの方が純増枚数の関係でサクッと万枚に到達するから動かなきゃよかったなぁ。『ペルソナ』…任期はあるみたいだけど内容がまったく意味不明。個人的には『新・女神転生』の方が好きなんだ。

蒼天の拳2/8500枚/1000円/約5時間/5号機突入後の『北斗の拳シリーズ』の出玉から見向きもしなかった機種。

気まぐれに天井の低さが気になって遊戯したら、大爆発。近付かなかった事を完全に後悔した、実は激甘台(設定にもよる)。

マジカルハロウィン4/3000枚/2000円/約4時間/代を重ねるごとに出玉が渋る妙な機種という印象のタイトル。初代からの付き合いですが、やっぱり初代が一番好き。

そういえば初代ではパンクした『スーパーカボチャンス』をイキナリゲットした記憶アリ。確か『ナビ押し順ミスでパンク、次回ボーナス終了後からその続き』みたいな感じだったと思います。

戦国乙女2/7500枚/??円/??時間/タイトルは知っていますがやった覚えのない機種。というか、勝った覚えが無い機種。…でもあれ? エンディングとかってあったっけ?? 印象がほとんどないので、きっと気まぐれ着席、気まぐれ数プレイ、ボーナス、ART…と、とんとん調子で言った感じですね、きっと。そして間違いなく4円とか5円のスロットのハズ。

押忍!サラリーマン番長/7000枚/2000円/約6時間/『押忍!番長シリーズ』にめっきり縁が無かったのですが、サラリーマンに成長した彼は見違えるほど易しい性格になっていたようで…。

ロストアイランド/3000枚/2000円/約1.5時間/散々負けまくった機種。でもやめられない。『きっと勝てないだろうなぁ』とか思いつつも続けてしまう魔性の機種。そして決して面白いわけではない不思議機種。なんで毎回座ったかなぁ???

鉄拳2/3500枚/2000円/約3時間/空き台が無いという安易な理由で着席。毎回思いますが、『鉄拳シリーズ』はメーカー問わずにどれも辛い印象。そしてこちらでは中段チェリー出現にやや興奮しつつも、ボーナスのみの特典に驚き。

モンスターハンター月下雷鳴/9500枚/1000円/約5時間/ボーナス間の待機中もARTが続くため、落選しない限り延々と増えるばかりのゲーム性。

人気がある事は知っていましたが、みんなこれを狙っていたんだなぁと実感したとある日。ちなみにこの9500枚も一撃によるもの。

ンゴゴポロス/8500枚/1000円/約4時間/精算時の余りメダルでいたずらに座ったため、実は0円で当たった台です。よく理解できませんでしたが、『14連チャン確定演出』を経由していたらしいですね。それにしてもどうして『14連チャン』なのでしょうね?『10』とか『15』なら理解できるんですが…。 あ、そういえば『吉宗』に登場した『爺』が出演していましたね。

吉宗/4000枚/18000円/約6時間/予想を裏切られたショックで熱が上がってしまった思い出。おそらく低レートに突っ込んだ最高額です。

シンデレラブレイド/3500枚/1000円/約2時間/『花の慶次・押忍!番長・シンデレラブレイド・鉄拳・』という並びのシマで、空いているからという理由で座った機種。当然、中身なんて知らない。

キャラがかわいいなぁ~程度の考えでプレイし、ART突入。そして上乗せゾーンの『お尻ぺんぺんタイム』というコールで赤面。…どうして硬派な機種の群れににコイツが紛れてた…?

シスタークエスト2/2000枚/4000円/約5時間/明らかな設定6とわかったため、メダル獲得というよりはストーリを制覇したくて珍しく3000円以上の投資。
結局最終話一歩手前で閉店。なんか赤いドラゴンみたいなのと睨みあいな感じ?

でも、実はカッパが一番好きだったりする…。

シスタークエスト3/3500枚/2000円/約5時間/ストーリ重視のスロットという事で、負けてもいいように2円スロットに挑んだところ、まさかのART仕様に大変化。この時点で僕の中のシスタークエストは幕を閉じました。だって、基本的にARTのボーナスは引き難いですからね。しかもART中の当選はほとんど上乗せ扱いになりますし…。

花の慶次/4000枚/2000円/約5時間/なんとなく5号機以降の『ミリオンゴッドシリーズ』の匂いが漂う機種。リプレイばかりで増えない印象。でも、ゴッドよりは増える印象。…うん、微妙だ。

ART終了後の演出はほとんど100%負けるので、必要ないと思うのは僕だけですかね?

クレアの秘宝伝/3000枚/1000円/約4時間/『秘宝伝3』と勘違いして座った機種。完全に消えたシリアス要素に『??』と思いつつも続行。『レオン・シャロン・クレア』という役者がきちんと揃っているし…。

でもどうしてクレアが園児みたいな姿になっているかは結構な時間で疑問でした…。

ちなみにこの日の秘宝伝情報は…。
『秘宝伝の新しいの、バラエティーコーナーに入ったみたいだよ』
と、これだけ。間違えますわな、そりゃ…。

ニューパルサー20th/3500枚/2000円/約2.5時間/苦節10数年? とにかく当てる事の出来なかった『パルサーシリーズ』の初ボーナスを初ゲット。絶対10万以上注ぎ込んでましたね☆

エウレカセブン/2000枚/2000円/約3.5時間/みんな大爆発している印象だけど、どうしてもそういった爆発に恵まれなかった機種の1つ。

沖ドキ!/4500枚/1000円/約3.5時間/今のところスロット人生最初で最後の状態中閉店到来を味わった機種。要するに『取り切れず』というやつですね。次の日が休みだったんで回収に向かいましたが、しっかりと対策されていました…。まあ、この機種はとにかく勝ち易いんでいいんですけど。

クイーンハナハナ/2000円/2000枚/約2.5時間/実は『シオサイ』以外の沖スロにてんでダメだった僕でしたが、この機種でようやくハナハナ系の勝利と呼べる勝利を体感出来ました。これよりハナハナ解禁??

マイジャグラー/2500枚/1000円/約4時間/自分だけが知れるひっそり告知はある意味で天才的発明ですね。あくまでひっそり光る仕様を重視してか、余計な効果音が一切ない所にもこだわりが見られる機種だと思います。

輪廻のラグランジェ/7500枚/2000円/約6時間/ショボ勝ちを含めてもいいのであれば、100%勝利を収められた唯一の機種。とは言っても座った回数は10回程度ですが。アニメ内容は全く知りませんが、ART突入時のBGMに爽快感があって好きでした。

ハナビ/1000円/3000枚/約2時間/20円ハナビで14000円負け、5円ハナビで回収するという無駄努力の日。…あ、これでもこの日は『じゃがりこ2個』持ち帰りましたよ☆

押し順ケロルン/2000円/2000枚/約2時間/個人的にはもっとブレイクしても良さそうな内容の機種でした。現在のスロットに『ゲーム性』は必要ないんですかね?

もっと沖縄フェスティバル/2000枚/2000円/約5時間/ハナハナのようでハナハナでない仕様。点滅するハイビスカスを触れる事で色が変化するというのはAタイプに珍しい新しい発想だと思います。

人気が無かったわけではなさそうでしたが撤去が早かった印象です。設定割があまかったのでしょうか?

ケロロ軍曹/4000枚/5000円/約5時間/大都技研さんとしては珍しいコラボ作品という事で挑戦しましたが、客寄せ仕様ですかね、ちょっと設定があれば1000円が長持ちするという噂は知っていましたが、まさかあんなに遊べるとは思いませんでした。

派手な演出のわりに期待度やや不明(気味)のアンゴルモア演出などは大都技研さんの得意技でしょうか、『クレアの秘宝伝シリーズ』に通じるものがあり、僕は好きでしたね。

以上、さんざんカットした5号機以降

はい、5号機以降の2000枚以上清算の機種でした。

4号機の記録に比べて5号機以降の方が記録数が少ない印象でしたが、全然多すぎましたね。という事で何割かカットしていますが、これ以上書くと話が長くなりすぎるのでまた今度の機会とさせてくださいね。

スロット用語集各ページリンク

スロット用語集 導入
(3号機・4号機・5号機・6号機)

スロット用語集 その1
(Aタイプ・Bタイプ・Cタイプ・Yタイプ・CT機)

スロット用語集 その2
(AT機・RT機・ストック機・ART機・バトルボーナス機)

スロット用語集 その3
(絵柄と役・リプレイ・メイン小役・レア役・ボーナス絵柄・特殊役)

スロット用語集 その4
(コマ(マス)・ベット・成立ライン)

スロット用語集 その5
(成立フラグ・成立フラグの消滅・払い出し・小役狙い・引き込み・スベリ)

スロット用語集 その6
(ビックボーナス・レギュラーボーナス・ミドルボーナス・チャンスボーナス・シングルボーナス・疑似ボーナス)

スロット用語集 その7
(設定・機械割・高設定・中間設定・低設定・設定変更・設定打ち直し・設定据え置き)

スロット用語集 その8
(ゲーム内完全告知・前告知・後告知・規定ゲーム後完全告知・確率告知・非告知)

スロット用語集 その9
(リーチ目・チャンス目・重複抽選)

スロット用語集 その10
(ボーナス確定・演出による確定・蹴る・バケ)

スロット用語集 その11
(演出)

スロット用語集 その12
(本天井・仮天井・天国・解除抽選1,2,3)

スロット用語集 その13
(抽選)

スロット用語集 その14
(天井恩恵・潜伏・セット数・上乗せ・特化ゾーン)

スロット用語集 その15
(ART準備中・フラグ持越し・リプレイ外し・延命)

スロット用語集 その16
(パンク・カバー・フリー打ち類・ハサミ打ち・変則打ち・ペナルティ)

スロット用語集 その17
(連チャン系・引き戻し・上位ステージ・モード)

スロット用語集 その18
(メダル系・ARTゲーム管理・カンスト・万枚系・事故系)

スロット用語集 その19
(設定その2(客側視点)・設定判別・設定示唆・機械の甘い辛い・荒波)

スロット用語集 その20
(朝イチを含めた入場関連・サイン系(ガックン・高確率・ストック・確定)・モーニング・閉店後保障・設定公開)

スロット用語集 その21
(目押し・ビタ押し・自動停止・ウェイト)

スロット用語集 その22
(○○枚スロ・レート・連勝・常勝・遠征・新装ハンター・掛け持ち遊戯・台移動・共游)

スロット用語集 その23
(ボーナス確率・ジンクス・ハマリ・ハマリ台・ハイエナ)

スロット用語集 その24
(新装開店・新台導入・撤去台・増台・移動台・復活台)

スロット用語集 その25
(名機)

スロット用語集 その26番外編1
(スロプロ)

スロット用語集 その27番外編2
(スロプロ2)

スロット用語集 その28番外編3
(すえの考えるスロットの楽しみ方と、勝率7割の実現方法)

スロット用語集 その29番外編4
(すえ視点の思い出深いスロット機種15)

スロット用語集 その30番外編5
(これまでの大勝ち記録)

スロット用語集 その30番外編5-2
(これまでの大勝ち記録2)

すえブログ全もくじへリンク

投稿順の目次へリンクします。

カテゴリもごちゃまぜなので目が回らないようにご用心♪

【ブログ内全もくじ】へ

ごちゃごちゃがイヤな方はサイドバーのカテゴリからどうぞ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました