スロット用語集 その28 すえのスロット勝率アップ方法

8.0 すえの個人的趣味

スロット用語集 その28(番外3)

どうもです! すえです!

もはや『スロット用語』から完全に脱線したお話ばかりしか載っていませんが、今回もそんな感じです。

…で、今回は先のスロプロさんの話とはまた異なる、僕個人の楽しみ方というか、勝率アップ、優良店舗の見極め方を紹介したいと思いますね。

スポンサーリンク

スロット用語集 その28 番外編3

僕の性格はスロットは稼ぐものではなく楽しむものであるため、特に5号機以降の大きな勝利は僅かではありますが、
最終的な問題は楽しめるかどうかという所に焦点が絞られる感じですかね。

まあ、そういった理由ですからスロットで食っていける勝利法には全然繋がりませんので、そこのところは予め了承願います。

では参りましょう。

勝率7割を超えるための実践方法

優良店探し

まずはなんと言っても店側に出す気が無ければ勝率も何もありません。

勝てる要素のほとんどはユーザーの知識や行動よりも、ホール側が握っていると言っても過言ではないでしょう。

では、どんなホールが優良店なのか、どういった客の付き方が優良店の判断素材となるかを教えますね。

見やすい結果が見やすい台に多く含まれる

単純にはAタイプの設定がホールの答えとして認識しています。

Aタイプはボーナスのみでメダルを増やす機種のため、設定以外の要素で勝つ事はなかなかに難しく、特に5号機以降のボーナスゲームの消滅で技術介入はオマケ程度になってしまいましたから、どんなに素人でも決められたメダルを獲得する事ができます。

このAタイプの客付きこそがホールに対する信頼感であり、Aタイプの設定状況が基本的なホールの出し方と言って問題ないでしょう。

僕がホールの良し悪しを決める場合は、Aタイプ機種の全体に設定5以上と思われる台が10%以上あるかどうかで判断しています。

言い換えれば、たくさんのART機種がどんなに吹いていたとしても、Aタイプのシマに人が居ないホールは信用しません。

実際に遊技する客の顔触れを把握する

優良店舗はユーザーの心を引き付けるため、それを理解するお客さんは高い確率で同じホールを出入りします。

そして優良とは異なるホールでは勝率を維持する事が難しいため、特定の顔触れというものが見つけ難い傾向にあります。

スロット機から設定を見抜く事が難しいのであれば、知っている顔触れがどれだけいるかを漠然と理解するだけで、そのホールの出し方方針というものが見えてきます。

急激な成長を見せるチェーン店に近付かない

地域密着型という話ではありませんが、急激に成長しているホールには警戒心を持ちます。

商品を売る事で利益を得る商売でないパチンコホールの利益回収手段はと言えば、お客さんからどうやってお金を多く、自然に使わせるか、という所に焦点が絞られますよね。

当然、慈善事業ではないので回収しなければ経営なんか出来たものではありませんが、急激な成長を続けるという事は随時出す気が無いと言っても過言ではないので、こういった店には近づかない事が最低条件です。

装飾にこだわるホールに近付かない

施設の見た目は確かに重要ですが、だからと言って装飾をコロコロ変化させるホールは要注意です。

先にも述べましたが、ホールの収益源はお客さんの財布の中身そのものであり、新装もサービスも施設の維持も全てお客さんのお財布の集まりが実現させているのですね。

回収した収益をお客さんに変換するなら優良店と言えるかもしれませんが、店舗の見栄えばかりを気にする店舗にはその気は無いと言って差し支えないでしょう。

勝てる店舗の多くは場所

目立つ位置に店舗を構える場合はそれだけで集客に繋がりますが、そうでない立地条件では目立つ事をしなければ集客できませんよね?

今では射幸心の問題で派手な宣伝は来ませんので、広告やダイレクトメールで伝えられる内容も範囲が限られます。

…どうやって集客するかと言えば、口コミですね。

良い口コミを広めるにはどうすればいいのか?

という話です。

基本は短期決戦

僕個人の感覚的な話となりますが、勝利回数に気を遣うのであれば多くは短期決戦となる傾向にあります。

朝イチの挙動は稼働そのものがされていないためグラフも比率もアテにはなりませんが、ある程度稼働している台であれば、座れる台はほとんどがある程度ハマっている台となりますね。

そんな台から高設定と思える台を狙うと、機械割の関係かどうかは分かりませんが、あっけなく当たる場合が多いのです。

ここから連チャンを狙うのも結構ですが、その多くは単発に留まるため、投資分とちゃんと相談すれば、その中からでも利益に繋げるのは十分という話です。

これが短期決戦となる大きな理由ですね。

ちょっと増えたくらいのメダルでウロウロしていても良い事はありません。昼食分のお金が得られるのであれば、それだけで十分じゃないですか。

もちろん、連チャンが叶った時には次の当たりを狙うだけですが、当てる度に『清算するメダルを脳内で設定』すれば、必然的に勝率を高める事ができ、最悪でもイーブンに持ち込めることが出来るでしょう。

所持金なんて2000円で十分

当たる時には意図しなくとも当たってしまうものであり、そうでない時はどれだけお金を使っても当たらないものです。

なので、所持金なんて2000円もあれば十分です。

ただし、最後の回転で当たる場合も少なくないので、予備の1000円札を一枚忍ばせておきましょう。

勝負するなら今の時代Aタイプを選び、長い時間遊びたいなら2円スロットでARTを…。といった具合です。

大金叩いて大負けなんて、お金と時間の無駄でしかありません。

1万円あったら何が食べられます?

換金に執着心を燃やさない

お金は誰でも欲しい所ですが、それはホール側も一緒です。

数百円でも勝てて、その時点で疲れを覚えたのであれば、貯玉なり景品交換なりして『勝率』を高めましょう。

低レートであれば貯玉が役に立ちますし、生活に必須なティッシュや食品との交換なんて手もあります。

換金すればそのお金はレートに見合った分で返ってきますが、等価交換が禁止された今の時代では少なからずその価値は劣る事になりますよね。

ならば景品に交換するか、貯玉した方が損益は免れるという話です。

台から設定を教えてもらう(朝イチ回避)

ホール従業員は高設定台を教えてはくれませんが、人気ホールは各機械が設定を教えてくれます。

各台の上部にあるデータロボが出すボーナス当選率やグラフの推移を活用しましょう。

そして重要なのは、

これが高設定っぽいなぁ…

という台に座るのではなく、

これが高設定だ!

という台に座る事です。

運任せではなく、勝てる機械で勝つ事に専念しましょう。

閉店に近付くほど勝率アップ

稼働数が上がればそれだけで設定推測の精度は格段に上昇します。

ただし、そういった精度を自分で上げてしまうと低設定だった時に後悔の念しか生まれません。そしてホールには圧倒的に低設定の方が多い事を忘れてはいけません。

設定の割り出しはもともと遊戯していたお客さんに任せ、自分は高設定の判別だけを行って良しとする台を選び抜きましょう。

閉店に近付くほど稼働は上がり、高設定台に座っていたお客さんも疲れます。

そんなお客さんが席を立った時に台を頂きましょう。感謝の念を込めて。

遊戯しに行ったのだから座る。これでは負ける。

勝率を高めるには勝たなければ意味がありません。

せっかくホールに入ったから…なんて気持ちで座る行為は相手の思うツボです。

良さげな台が見つからない、どれに座って良いか迷う。

といった場合は、その時点で負けの要素が膨らんでいる事になります。

時間を掛けて選び切れないままに座って負けを覚悟するのであれば、ちょっとした贅沢なご飯でも食べましょう。

これだけで負けは回避できます。

前回の負けを取り返す気持ちで遊戯しない

結果的に大負けする人の多くは過去の負けを気にする人に多い気がします。

かつての負けを気にする=なるべく早く回収する

という意味合いとなりますので、焦る気持ちが高まって勝てる機会すらも手放してしまうんですよね。

これまでに1万円負けたとするならば、何も1回で1万円を回収する必要は無いのです。

例えば2000円ずつ回収すれば5回で取り切る事になりますし、10万円であれば50回で回収可能です。

1回の勝負で手っ取り早く取り返そうと思うから、それ以上の出費を余儀なくされるのです。

小さな金額でも良しとし、小さな金額で挑むのがコツでしょう。

そうすれば積み重なる小さな勝利が大きな結果になる事もありますし、負けても手負いは深くなりません。

手負いが浅いという事は、再度挑戦できるという事です。

ホールの立場を理解する

ぱちんこ店はお金をお客さんに配る施設ではなく、お客さんから集めたお金で経営を維持する施設です。ココを忘れてはいけません。

ゲームセンターでもテーマパークでも絶対に消費するのがお金であって、ぱちんこホールもそれに然りです。

行ってみれば負けるお客さんがいるお陰で経営を続ける事が可能であって、そういったお客さんが居るから勝利への挑戦も出来るという話です。

そしてホール視点からすれば、どんな人であっても出来れば負けて欲しいというのがもっともな言い分でしょう。

しかし、勝てないと分かったお客さんはホールに足を運ばなくなりますから、一方的な負けを提供すればたちまち収入が滞ってしまい、廃業に追い込まれます。

だから少しで還元してお客さんの足を引き留め続ける事になるのですが、この還元というのがユーザーにとっての勝利のキーワードなんですね。

当然、100%の収入を100%還元するなんて行為はホールはしません。良くてもせいぜい5~10%程度のものでしょう。

しかし、5~10%であっても勝てる機会をホールが落としてくれている事実には変わりません。

その5~10%をユーザー側が見抜けば良いだけの話なのです。

そうなると適当な気持ちで座る事は難しいですよね?

勝ちは勝ち

あくまで勝敗ですから、メダル差枚数で言えば『+1枚』で勝利を声高く表現できます。

例えば10万円投資して結果が10万20円だったとしても、勝ちなんです。引き分けでもなければ負けでもありません。

セコイとか少ないという印象を持つ時点で負け要素は確実に近付いてきます。

そして注意してください。ここでは大勝利の方法を伝えているわけではありません。

あくまで勝率を7割にする方法を伝えているだけなんです。

スポンサーリンク

まとめ

という事で、僕が体感する勝率7割の作り方というか、維持の仕方でした。

途中でも伝えましたが、勝つにしても負けるにしても、とにかく短期決戦が非常に多い印象です。

もともと2000円で勝負するため、負ける時は5分と持ちませんし、当たっても連チャンしなければ10分がいい所です(120枚くらい残す)。

たまに数時間~閉店コースなんて事もあるにはありますが、それでも5号機以降は数える程度で、
粘れば粘る程に疲れに対するメダル増加の幅が狭まり、まかり間違うと返って減ってしまった!
なんて事も平気であるので、結局は適度なところで見切りを付けるのがもっとも賢い勝ち方だと思いますね。

ちなみにこの方法を強く意識していた頃(最近は適当…)、最高連勝数は37連勝でした。

記録では間に2回の引き分けを挟んでいますが、まあ、負けていないので無視しましたが。

この37連勝中の最高プラスはメダルで言って『+1720枚』、最低は『+12枚』だったそうで…。そして2桁勝利が本当に多い…

まあ、それでも勝ちは勝ち。なんとなく景品交換する気持ちが高い性格なので、お菓子やトイレットペーパーが増え過ぎた時期でもありましたよ☆

とか、さんざん言っておきながら、やっぱり僕の場合のスロットとは『勝ち負け』ではなく『楽しむ』ためにあると思っちゃうんですよね。

…で、その楽しむためのスロット遊戯ですが、いくら楽しみたいからと言って、何万も突っ込むのはどうかと…。

だから運試し要素も兼ねて、2000円くらいが妥当かと。

という、そんなお話でした。まる。

スポンサーリンク

スロット用語集各ページリンク

スロット用語集 導入
(3号機・4号機・5号機・6号機)

スロット用語集 その1
(Aタイプ・Bタイプ・Cタイプ・Yタイプ・CT機)

スロット用語集 その2
(AT機・RT機・ストック機・ART機・バトルボーナス機)

スロット用語集 その3
(絵柄と役・リプレイ・メイン小役・レア役・ボーナス絵柄・特殊役)

スロット用語集 その4
(コマ(マス)・ベット・成立ライン)

スロット用語集 その5
(成立フラグ・成立フラグの消滅・払い出し・小役狙い・引き込み・スベリ)

スロット用語集 その6
(ビックボーナス・レギュラーボーナス・ミドルボーナス・チャンスボーナス・シングルボーナス・疑似ボーナス)

スロット用語集 その7
(設定・機械割・高設定・中間設定・低設定・設定変更・設定打ち直し・設定据え置き)

スロット用語集 その8
(ゲーム内完全告知・前告知・後告知・規定ゲーム後完全告知・確率告知・非告知)

スロット用語集 その9
(リーチ目・チャンス目・重複抽選)

スロット用語集 その10
(ボーナス確定・演出による確定・蹴る・バケ)

スロット用語集 その11
(演出)

スロット用語集 その12
(本天井・仮天井・天国・解除抽選1,2,3)

スロット用語集 その13
(抽選)

スロット用語集 その14
(天井恩恵・潜伏・セット数・上乗せ・特化ゾーン)

スロット用語集 その15
(ART準備中・フラグ持越し・リプレイ外し・延命)

スロット用語集 その16
(パンク・カバー・フリー打ち類・ハサミ打ち・変則打ち・ペナルティ)

スロット用語集 その17
(連チャン系・引き戻し・上位ステージ・モード)

スロット用語集 その18
(メダル系・ARTゲーム管理・カンスト・万枚系・事故系)

スロット用語集 その19
(設定その2(客側視点)・設定判別・設定示唆・機械の甘い辛い・荒波)

スロット用語集 その20
(朝イチを含めた入場関連・サイン系(ガックン・高確率・ストック・確定)・モーニング・閉店後保障・設定公開)

スロット用語集 その21
(目押し・ビタ押し・自動停止・ウェイト)

スロット用語集 その22
(○○枚スロ・レート・連勝・常勝・遠征・新装ハンター・掛け持ち遊戯・台移動・共游)

スロット用語集 その23
(ボーナス確率・ジンクス・ハマリ・ハマリ台・ハイエナ)

スロット用語集 その24
(新装開店・新台導入・撤去台・増台・移動台・復活台)

スロット用語集 その25
(名機)

スロット用語集 その26番外編1
(スロプロ)

スロット用語集 その27番外編2
(スロプロ2)

スロット用語集 その28番外編3
(すえの考えるスロットの楽しみ方と、勝率7割の実現方法)

スロット用語集 その29番外編4
(すえ視点の思い出深いスロット機種15)

スロット用語集 その30番外編5
(これまでの大勝ち記録)

スロット用語集 その30番外編5-2
(これまでの大勝ち記録2)

すえブログ全もくじへリンク

投稿順の目次へリンクします。

カテゴリもごちゃまぜなので目が回らないようにご用心♪

【ブログ内全もくじ】へ

ごちゃごちゃがイヤな方はサイドバーのカテゴリからどうぞ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました