小銭貯金術 旧硬貨集め

7.0 お父さん頑張る!

小銭貯金術 旧硬貨集め

こんにちは! すえです!

小銭貯金の番外編でもありませんが、一応、知って損は無い情報の1つとして旧硬貨の方も紹介しておきますね。

『旧硬貨』とは?

簡単に言えば『古い10円玉』と『古い5円玉』の貯金です。

古銭商に持って行けば、ほとんどの場合で等価価値以上の値打ちになっていますので、集める=貯金に繋がるかも知れませんね。

ちなみに僕は詳しくないのですが、古い10円玉にはもともとの発行枚数が極端に少ないものがあり、10円玉でありながら数百円~数万円の価値になるものもあるという話ですよ。
もちろん、状態(未使用か否か)なども査定の範囲になるみたいですが。

↑集める価値あり? 古いタイプの10円玉。通称『ギザ10』。

↑現行の10円玉と古い10円玉である『ギザ10』の比較。
 判りますかね? 横に並ぶのがギザ10です。その呼ばれの通り、側面がギザギザしているんですね。
 現行の10円玉は縦に並べたもので、側面は何も細工されていません。

↑こちらは古い5円玉。一般的な呼ばれ方は知りませんが、全体の書体が異なる事に気付きますか?
 『国』という文字が『國』となっているところにも時代を感じます。
 なお、お釣りで手にしても5円玉が一度に手に入る機会は1枚が限界ですので、出現率は相当低いです。

旧硬貨を集める価値

新しい硬貨が毎年発行されるには理由があり、何らかの形で失われるから必要枚数を維持するために発行され続けるというのがもっともな話でしょう。

そこで、どういった理由で失われるのかを個人的に考えたのですが、単純な脳ミソで出た回答は以下の通りです。

  • 実質的な紛失(どこかに転がり回収不能な状態に陥る)
  • 各家庭内での貯蓄による不動化
  • 使用不能となった硬貨の回収

まあ、理由は他にもあるのでしょうが、簡単には流れなくなる硬貨が存在するために、新たな硬貨発行が必要になるといった考えで間違いはないと思います。

つまり、古い硬貨はどんどん減る一方となり、例えば今は簡単に目に出来る『平成31年』の硬貨も次第に数を減らしていくといった道理ですね。

何故、ここでわざわざ『平成31年』と書いたかといいますと、平成31年は平成最後の年となり、時代は平成から令和に移り変わったからなんです。

平成31年の硬貨は時代が平成である限り発行され続けられましたが、令和元年に移行したと同時に年号も令和に移る事になり、結果的に

平成31年に発行された硬貨は少ない

という話になるんですね。

今は珍しくもない存在かもしれませんが、ただでさえ発行枚数に制限があった硬貨は後々に値が上がる事が予想されるんです。

未来古銭? 平成31年を集めよう

という事で、まだ珍しい感覚とも言えないうちに、貯金がてら『平成31年硬貨』を集めてみてはどうでしょうか?(僕は始めています!)

貯金に対する目標は立てられませんが、毎回のお釣りの中に神出鬼没な登場が予想されますので、未来の価値を考えれば楽しめるかもですね。

 

ちなみに僕は昭和64年発行の硬貨を集めた事がありましたが、今現在はどんな価値になっているのでしょうかね???

まだ発行より30年なので大きな額には期待できませんが、それでもコレクターに的を当てればいい値が付きそうですね☆

↑別のページにも載せた昭和64年硬貨。下にはみ出る4枚に関しては未使用なのですが、保存に問題があったのか、よりによって500円玉が曇ってしまいました…。

という事で、ちょっと変わった小銭貯金方法でした。

ではでは

他の小銭貯金術も見てみる

僕個人が結構色々な小銭貯金をしていましたので、時間があれば参考までにご覧ください。

小銭貯金術 1円玉の上手な貯め方編

小銭貯金術 5円玉 50円玉の上手な貯め方編

小銭貯金術 小銭全般の一挙貯金術編

小銭貯金術 5のつく小銭の貯金術編

小銭貯金術 発行年数を利用した貯金術編

小銭貯金術 旧硬貨集め

小銭貯金術 貯金箱を利用した貯金術編

小銭貯金番外編 節約術の基本解説

その他の関連『貯金に繋がる節約術』より一部抜粋

【貯金に繋がる節約術1 賢く貯めよう 導入】へ

【貯金に繋がる節約術2 毎月の出費から行うカンタン貯金法】へ

【貯金に繋がる節約術3 買い出し移動を控えよう】へ

すえブログ全もくじへリンク

投稿順の目次へリンクします。

カテゴリもごちゃまぜなので目が回らないようにご用心♪

【ブログ内全もくじ】へ

ごちゃごちゃがイヤな方はサイドバーのカテゴリからどうぞ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました