シルス&ルルフィー ハチャメチャ冒険日記 第一章1-1

シルス&ルルフィー ハチャメチャ冒険日記 第一章 1-1

 

 ハチャメチャ第一章

ようこそ! コルーの村へ 1-1

「えいやっ!」

やっほぉ。俺の名前は『ロン=シルス』。ただいま剣術の修行中。
かなり伸びた真っ黒な髪の毛と、額から後頭部に掛けて縛りつけてある紺色の布がチャームポイントさ…って、そんな事はどうでもいいから、俺の夢を聞いてくれい。

俺、大きくなったら「パラディン・ナイト」っていう、ナイトの中でも最高の職業につきたくて、まだ十一歳なのに頑張っているんだ。

「せりゃっ!」

俺の相手をしてくれる子は、『フォン=ルルフィー』っていう女の子。

少し前、この村『コルー』へ、隣の「グディウス共和国」って国から引っ越して来た子なんだ。…まだ九歳だっけかな?
なんが~いピンクの髪の毛がよく目立って、よくウサギの帽子を被っているんだけど、今日は被っていない。
…まあ、性格がキツくてあんまり好きじゃないから、コイツの紹介はこんなもんでいいか。

「スキ有り! もらった!」

『グディウス協和国』っていう国は、別名『剣の国』。魔法は一切禁止らしいけど、ルルフィーはそんな中に生まれちゃった魔法少女。
色々あって、ここ『ヨア王国』へと来たとかなんとか。コルーにはこれからも住み続けるって話。

「なんの、あまい!」

カコン。

ところで気になったかな? 『グディウス共和国』が「剣の国」なら、ここ『ヨア王国』は何か…なんて。
…え? どうでもいい? …まあ、そんな事言わないで。

この国はグディウス協和国とは反対に「魔法」が盛んな国だな、うん。
ヨア王国は一つの大陸を全て占めていてるんだけど、ルルフィーに言わせるともの凄く小さな面積だとか。俺は他の国なんて行った事が無いから判らないけれど、そうらしい。

まあ、話を戻してどうして魔法が盛んかと言うと、狭い大陸の中に、とにかくあらゆる魔法の源みたいなものが揃っているから。…とか。
魔法の源のほとんどは『精霊』と呼ばれる『何かに住み着く住人』の事。

「なにをっ!」

武器とかでもそうだけど、例えば一言に「武器」と言っても「剣」やら「斧」やら、色々あるでしょ?
そういったのと同じで、「魔法」にも種類があるんだ。

例えると…そうだな、わかり易いよくある属性で「風」の『ヒュルス』や「炎」の『ヅァン』とか…その種類は八種類。しかも、それはごく一般的なものなんだって。

「ふんっ!」

コキン。

それで、武器を例に使い方を挙げると、各武器には一般的な使い方がある事は知っているよね? 剣なら横に振ったり、槍なら正面に突いてみたり…とかね。

だけど、一般的な使い方と一般的な使い方とでは、機敏な人とか、力持ちの人とか、何か相手に有利な点を持つ人が言葉通りに有利になっちゃって、場合によっては一方的な戦いになるでしょ?

そこで考え出されるのが、人それぞれが自分の長所や性格を考慮して編み出される『オリジナル剣技』。

自分だけの「隠し技」ってヤツね。

「せいっ!」

まあ、オリジナルなんだから器用な人ともなると十通り、二十通りと技を持つ人もいるらしいんだけど、持てばいいってもんでもなくて、中には無理がある技もあるみたい。

余談だけど、「剣の国・グディウス」育ちの人ともなれば、そういったオリジナルを二、三通り持たないと周りにダメな人扱いされるらしいんだ。変な国だよね。

「はっ!」

コン。

さてさて、「剣の国・グディウス」が『剣技』なら、魔法の国…とは言われていないけど、ヨアならどうなるのか?

特別な言われ方をされていないんだから、「魔法を覚えなければならないっ!」って事もないんだけれど、やっぱりあるんだなぁ。『オリジナル魔法』。

「よし、くらえっ!」

魔法属性の種類はさっき言ったように八種類。扱い方については、ただ「えいやぁ~」と言えば飛び出す単純なものから、魔法陣を描いたりして、そこから効果を発揮させる複雑なものまで幅が広いんだ。

また、「属性」っていうのは表現が二つあって、まず一つ目は魔法そのものに対する「目で見る印象」または「効果」のこと。

例えば「火」って赤く燃えて熱いよね。…だから、「赤く燃えて熱い」というイメージそのものが「火」って感じカナ?

それじゃここで、「目で見る印象」と「その効果」の各属性。それに加え、属性のきちんとした呼び方を教えてあげる!

ちなみに「きちんとした呼び方」っていうのは、各属性に与えられた本来の呼び方のこと。大体の人は『旧魔法』なんて表現するけど、本来の言い方は『旧魔法名称』。どうでもいいんだけどね。

覚えられるかどうか不安? 気にしないで。俺だって良く判らないから。あはは。

…じゃ、教えるよ。

 

  • シルスくんの頼りない魔法講座―初級―

 

まず、たった今言った「赤く燃えるや熱」。これは『ヅァン』と言って「火」の属性を意味するんだ。熱いよね~。

次、「水や霧」…と、水分が主体の魔法。これは『ハロス』と言って、文字通りに属性は「水」。涼しいよね~。ちなみにルルフィーが好む属性でもある。すぐに忘れてもいいよ。

お次は「土・石・砂」。また、「硬い」イメージ。判り易いね。こちらは『ディリク』と言って、代表で「地」の属性。痛いよね~。

続いて「目に見えない・青や緑、白く薄く透明な光」。ちょっと表現がややこしいケド、これは『ヒュルス』と言う「風」の属性。俺の得意分野? 爽やかだよね~。

さあ、ここからは一般の属性の中でも「やや高度」と言われる属性だ!

いきま~す。まず初めに「黄色の光・閃光」。あらゆるファンタジー分野でお目に掛かる事の多い『サズンディ』と言う「雷」の属性。本当に魔力が強い人が行使すると「青い光」にもなるらしい。怖いよね~。怒った時のお父さんみたい。ゴ~ンって。

次は水と風の両方を習得しなければ成立しないとされる『サファンシー』と言う属性で、「氷」を意味する。見た目も肌触りも「雪・氷」。寒いよね~。

そしてこれもファンタジーには欠かせない、「白い光・聖光」。ん~、どう考えても「光」の属性。『シーマ』と言うもの。眩しいよね~。

そして最後は「暗闇・恐怖」など、あんまり好んじゃいけないとされる『ディーン』と言う属性。ドロ~ンってしてる?

 

○ シルスくんの頼りない魔法講座―初級―

―終了―

 

続いて「属性」の二つ目(忘れてた?)。

一言に属性という言葉でも、細かくすれば一般に八種類あるという事は解ったよね。そして、一部を除いた生物のほとんどには八種類の属性のうち、どれかが定まったカタチで備わっているんだって。

これは種族間の遺伝みたいなものなんだ。

例えば、「火の精霊」と呼ばれる「サラマンダー」というトカゲみたいなのがいるんだけど、そいつは怒ると『叫べば火を吹く・手を振りゃ火が飛び散る』…と、何をやっても火を出しちゃう生き物なんだ。こうなりゃもちろん、サラマンダーの属性は「火」。

そんなサラマンダー君が、例えば「俺、地の魔法が得意っス」なんて言って「地」の魔法を自在に扱ったとしても、もともとが「火」の属性でしょ?

どんなに幅広く「地」属性を扱えても自分の属性である「火」に勝る事はないとか。

まあ、それでも中には突然変異と言って、同じ種族間から全く異質の属性の者が現れる事もあるというけど、ひとまずは遺伝の影響で、多くは同じ属性が延々と生まれるらしいよ。

ところで、今の話を聞いたキミは、「人間の持つ属性」がわかるかな?

さあ考えよう! やっぱ、人は地を歩くから「地」の属性?

イヤイヤ、ところがどっこいで、人間みたいに二本足で歩き、手を使って何かを作り出す種族には何故か定まった属性が存在していないんだ。空飛ぶ精霊の一部を除いてね。

だから、『人間は属性遺伝を無視する一部の生物』なんて表現されている、らしい。

人間の属性を決める基準とは、ワリと簡単。自分で実際に魔法を使ってみて、他の属性よりも楽に出せたり、威力が高いものが個人の属性になるんだ。

実際に俺で例えると、俺の属性は「風」ってみんなが言うんだ。自分でもそう思っている。

だって、お父さんの属性の「雷」なんか、どんなに頑張って一番簡単な魔法を唱えても、静電気みたいな小さなパチパチが手の先から見えるだけ。

だから、「じゃあ、俺はお母さん似かな?」って思って「火」を練習した事もあったけど、これもダメ。手は熱くなるけど火も出なけりゃ赤くもなりゃしない。

そこである時、自分で一番好きな「風」を試したら、これは何の練習もなしに効果が出たんだな。村のド真ん中で。

いや~…あの時はびっくりしたよ。自分でも想像外の威力で魔力が飛び出すんだから…。

今思えば、人に当たらなくて良かったと思うよ。そういった時に限って、半ばヤケクソの力を振り絞ったりするからね。

そんなわけで、俺の属性は「風」となるわけ。親から属性を受け継ぐといった決まりは特に無いんだって。

あと、ルルフィーの属性は「火」。

本人は「水」が大好きで、必死に練習した結果、チョロチョロと効果が出るようになったんだけど、やっぱり属性である「火」のほうがダンゼン強力! …というウワサ。

ところでキミの属性は? 「数学」? …「国語」? え? 現実的でつまんない? …ごめんなさい。

また、属性にはそれぞれ対立しちゃう関係があって、例えば「火」と「水」じゃ、その効果を互いに消しあっちゃうんだ。これは相性みたいなものだね。そう考えるとルルフィー、ザーンネンっ!!

あとがき02

単純にコピーで済まそうと思ったら、だいぶ前に書いた事もあって外字エディタの文字が白マス扱い…。

間違え探しみたいな時間が延々と続きました。

そしてそれが最後まで続くと思うと…。

おまけ:この物語に登場する魔法属性

冒険ものファンタジーと言えば、肉弾戦と共に魔法・魔力の存在ですね。

僕は自分で考えた内容に多くのオリジナル要素を加えたいけど、全然アタマが足りないので、

せめて名称くらいは専門の言葉を用いる事でオリジナル要素を強めているつもりなんですね。

という事で、僕の世界の属性(一般属性)の再度紹介です。

火・炎・熱『ヅァン』

水・霧・生命『ハロス』

土・石・金属『ディリク』

風・真空・圧『ヒュルス』

雷・電撃・閃光『サズンディ』

光・退魔・復活『シーマ』

闇・停滞・畏怖『ディーン』

…妙な設定だけは拘っていたりしてんですね…。

シルス&ルルフィー 他のページへ

現在のページは【第一章 1-1】です。

【作品に対する前書きのようなもの】

【プロローグ】へ

【第一章 1-1】へ

【第一章 1-2】へ

すえブログ全もくじへリンク

投稿順の目次へリンクします。

カテゴリもごちゃまぜなので目が回らないようにご用心♪

【ブログ内全もくじ】へ

ごちゃごちゃがイヤな方はサイドバーのカテゴリからどうぞ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました