朝礼ネタ36 家族の高校入試について(私立合格)

1.4 仕事の問題・悩み・相談

高校受験、第一関門突破

おはようございます! すえです!

朝礼、昼礼、夕礼、夜礼…。はたまた週礼やら月礼やら、人の集まる会社員としての務め人となると、結構な場面で『〇礼』にぶち当たったりするもので、
その多くの役者は正社員以上という意味不明な規則があったりしますよね?

ここでは様々な『〇礼』を『朝礼』という表現で進めていきたいと思いますが、
こういった『朝礼の当番』の時には多くの場面で『悩む従業員の姿』を見てきました。

そしてそれは『僕の目の前だけの人の悩み事』でもないような事を最近知ったので、ならばというわけでもありませんが、

実際に僕が朝礼で述べた一言(全然「一言」じゃないんですがね…)を記したいと思います。

通用する会社や場面などは場合によって制限されるかもしれませんが、多くの朝礼時の『一言』とは基本的に内容は自由な場合が多いため、僕もその認識で伝えますね。

当然、一語一句が完全な再現とはいきませんが、まあ、僕自身の性格を考えればこんな感じで進めたのでしょう…といった風です。

という事で、あなたにとって今回のお題となるかも知れない朝礼ネタです。

私立高校合格の話

先日、僕に子供が高校受験が控えている旨の話をしましたが、ひとまず滑り止めの私立高2か所については合格する事が出来たようで、まずは最悪のケースからは逃れる事は出来ました。

人間、どうしても自分の立場が安定すると手を抜きたがるようで、私立が合格すると同時に『県立はいいや』って考えになってしまいました。

非常に人間らしく素直な考えではありますが、単にどこでも良いという考えは僕が好めないため、ひとまず県立も目指すようにどうにか修正を施しました。

子供にした説明は

『どこの高校でもいいやという気持ちなら、きっと卒業したところで何の勉強にもならないだろうから初めから行くな』

という内容です。

どうせ学ぶのであれば全力…とはいかないまでも、せめて通った事によって成長をしてもらわなければ意味がありませんからね。

…なんて言って、実は家庭内経済を少しでも楽にする方向に仕向ける苦肉の策だったりもしますがね!

 

いずれにしても今回合格した私立校の目玉とでもいうか、主な知名度は野球を筆頭とした運動部が有名なため、僕の子供が行きたい理由となる弓道に力が入っているという意味で県立高校を目指させる事に成功しました。

 

…あとは…、ちゃんと合格できるかどうかですかね。

もし、不合格により結局私立高校を選ぶ事になった時には、給料上乗せを面白半分に申告しますので、主任と課長と所長は覚悟していてくださいね。

 

以上です』

今回の話のナカミ

以前の朝礼で話した内容の続編となる内容です。

こういった誰もが通る道みたいな内容は実際の出来事をそのまま述べるだけなので、ネタのも苦労はしませんね。

自分の生活圏の近況報告は誰にとっても得する情報ではありませんが、同じような立場を近い未来に控える人にとってはちょっとした情報として役立ちます。

また、会社の視点からしても重要ではありませんが、角度を変えれば『家庭問題に問題が無い=離職の可能性は低い』と結び付くため、離職率の高い企業では人員確保の意味で安心されるようですね。

会社における従事に対して先(退職)の問題が無いという事は、技量に見合った職務を預かれる事もあるため、間接的なアピールとして家庭の近況報告は使えますよ。

なお、最後の給料問題は会社が見る僕の性格や考え方を僕自身が理解しているため多用しますが、一般的には金銭問題・給料問題を口にするのはタブーなため使用を控えましょう。

 

すえ

関連ページ

人前で話すのが苦手という人に向けた話をまとめてあります。

どうしても朝礼や昼礼といった、『人前が苦手・ネタ探しが苦手』という人に役立てば幸いです。

【朝礼のコツ ネタを考えてしまうアナタに】へ

 

朝礼や昼礼などの場に立つ事に抵抗が無くとも、ネタに困っているという場合にはサイト内検索で何かキーワードを入れてみてください。

使えるネタが発掘できるかも知れませんよ☆

すえブログ全もくじへリンク

投稿順の目次へリンクします。

カテゴリもごちゃまぜなので目が回らないようにご用心♪

【ブログ内全もくじ】へ

ごちゃごちゃがイヤな方はサイドバーのカテゴリからどうぞ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました