テイクアウトの標準化について 明日の朝礼ネタ(日常ネタ)

1.4 仕事の問題・悩み・相談
スポンサーリンク

自家用車の定期点検について 明日の朝礼ネタ(通勤ネタ)

おはようございます! すえです!

毎日だろうと当番だろうと毎回の集会ネタって面倒ですよね。

『今日は何を言えばいいものやら………?』

なんて悩みは僕の身の周りでも頻繁に聞く事です。

ここでは毎回の朝礼ネタに困らないよう仕事に関するネタを提供しますので、以下の内容(文章)をあなたの表現で伝えてください。

今回の朝礼ネタテイクアウトの標準化についてです。

ここでは『朝礼』という言葉を利用していますが、もちろん他の場面でも使う事ができますよ!

他の場面例:昼礼・夕礼・夜礼・週礼・月礼・教育・会議・相談者への回答…など。

テイクアウトの標準化について 明日の朝礼ネタ(日常ネタ)

『コロナウイルスが引き起こした社会現象の影響は様々な分野に及んでいる事は周知ですが、

飲食店という分野を眺めても色々な変化が目で見て取れる状況ですね。

24時間営業の見直しを含めた営業時間帯の短縮や、入店客の上限の低減も変化の1つです。

 

僕が個人的に目を引いている変化と言えば、これまでイートイン(店内飲食)に限られた飲食店であってもテイクアウト(持ち帰り)メニューが発案されたり、それまでテイクアウト対象外の商品もテイクアウト可能になったところです。

イートイン専門の飲食店の売りと言えば『その場でしか味わう事に出来ない自慢のメニュー』という部分こそが客の興味を惹き付ける為の1つの工夫でもありましたが、
どちらかと言えば家でまったりと食事をしたい僕にとってはそういった工夫こそが最大のネックであり、どれだけ興味を持ったとしても足を踏み入れなかった最大の原因でもあったわけです。

ところがウイルス蔓延の経営困難という状況から…という、決して明るい案といった訳ではないでしょうが、
それまで拒否されたメニューの持ち帰りが可能となったのは嬉しい限りと言えます。

果たしてこうした案で飲食店の延命や困窮の脱出に繋がるかどうかは結果次第という事になりますが、僕は個人的な興味をそのままに、レストランでしか味わえなかった品々を持ち帰りして家で楽しみたいと思っています。

 

以上です』

今回の朝礼ネタのナカミ

『朝礼ネタのナカミ』はその場では伝えきれなかった内容として、別の機会に活用してください。この話をネタとしてアレンジするのもアリですよ。

飽食の文化とも例えられる日本においてはちょっと足を延ばすだけで様々な飲食店が目に付きますね。

しかし、もともとドライブスルーなどを設置するテイクアウト目的の購入も可とするお店ではないレストラン関係では、持ち帰り行為そのものがアウトという場合がほとんどでした。

 

朝礼の中でも触れた通り、僕は食事と言えば家族や友人などとの外食を目的としない限り家で食べる事を好む考えですので、
どれだけ食べてみたいメニューののぼりが店の外に設置されているお店であっても、1人で内部に入る事が億劫に感じる性格でもあります。

そんな性格が災いした結果、これまで興味を惹かれつつも味わう事なく過去のものとなったメニューがたくさんあったわけですが、
今回のレストラン界に見えた経営方針の変化を利用させてもらい、可能な限り気になるメニューをテイクアウトして家で楽しみたいですね☆

 

すえ

関連ページ

人前で話すのが苦手という人に向けた話をまとめてあります。

どうしても朝礼や昼礼といった、『人前が苦手・ネタ探しが苦手』という人に役立てば幸いです。

【朝礼のコツ ネタを考えてしまうアナタに】へ

【朝礼のアドバイス こんな一言は避けよう 【しどろもどろな『一言』】】へ

【朝礼のアドバイス こんな一言は避けよう【話が締められていない】】へ

 

朝礼や昼礼などの場に立つ事に抵抗が無くとも、ネタに困っているという場合にはサイト内検索で何かキーワードを入れてみてください。

使えるネタが発掘できるかも知れませんよ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました