朝礼ネタ 操業困難な従業員数設定について(仕事ネタ)

1.4 仕事の問題・悩み・相談

朝礼ネタ 操業困難な従業員数設定について(仕事ネタ)

おはようございます! すえです!

毎日だろうと当番だろうと毎回の集会ネタって面倒ですよね。

『今日は何を言えばいいものやら………?』

なんて悩みは僕の身の周りでも頻繁に聞く事です。

ここでは毎回の朝礼ネタに困らないよう仕事に関するネタを提供しますので、以下の内容(文章)をあなたの表現で伝えてください。

今回の朝礼ネタ操業困難な従業員数設定についてです。

ここでは『朝礼』という言葉を利用していますが、もちろん他の場面でも使う事ができますよ!

他の場面例:昼礼・夕礼・夜礼・週礼・月礼・教育・会議・相談者への回答…など。

朝礼ネタ 操業困難な従業員数設定について(仕事ネタ)

『この事業所にある程度の期間で身を置いている方はご存じの話でしょうが、僕が担当する部門には当初10名の社員枠が存在し、退職や異動などの理由で今現在は7人態勢となっております。

簡単に言えば3名ほど欠員の状態でこれまで業務に取り組んできたわけですが、悪い事に2人のメンバーが立て続けに体調不良に遭ってしまい、1人に関しては最低でも2週間のドクターストップ、もう片方に関してはなかなか回復しないという事で不明確な復帰予定となっています。

人員の補充については数年前から課長に向けて発言しており、こういった不測の事態を絡めて早期の解決を求めていましたが、
残念ながら望んでいない結果を現実にして人不足に悩み始めたというのが実際の動きのようです。

 

いずれにせよただでさえマイナス3人という事態がマイナス5人に悪化し、特殊な操作を求められる場所でもあるため午後の作業に関しては1人2役が出来ない場所でもあります。

資格を所有しない従業員を配置するわけにもいきませんので、個人的な候補者を挙げるとなれば課長と所長となる訳ですが、異論はありませんね?

よろしくお願いいたします。

 

以上です』

今回の朝礼ネタのナカミ

『朝礼ネタのナカミ』はその場では伝えきれなかった内容として、別の機会に活用してください。この話をネタとしてアレンジするのもアリですよ。

 

過度な人件費削減は今や多くの企業内で通例となっているようですが、僕の会社でも同様です。

これまで存在した無駄の削減は好ましとも、行き過ぎた削減というものは従事する者にとって苦痛でしかありません。

結果、無理をして体を壊すか賢明な判断のもとに離職するかという判断に迫られ、最終的には態勢を立て直す事が出来なくなった会社から倒産するというのがここ最近のお馴染みでもあり、いわゆる『黒字倒産』という話に繋がる訳です。

黒字倒産にも様々なタイプがあるようですが、その多くは従業員の現象…人手不足という話に偏っている気がしますので、

簡単には会社が給料をケチるからそうなる。

という思いに行き当たります。

私腹を肥やす事にばかり専念した結果、自らの首を絞めるという結末ですね。

 

今現在僕がお世話になっている会社にもその毛色が強く、既に限界を超えた作業量が数年前から求められています。

ですが、このたび無理をしてしまった2人ではありませんが体を壊してしまっては元も子もないという事で無理はしない旨を既に上役に伝えており、その上での採用面接を求めていたわけですが、
残念ながら多くの会社の多くの上役は自分が可愛いというか、関係ないと判断するうちには積極的な行動に漕ぎ付けてくれないのも現実の話なんですね。

 

今回は僕が予見していた通りの事態になったという事で、こういった全体の場ではっきりと『あなたにも手伝ってもらいますよ』と協力を要請したわけです。

この回答がNOであるなら残業で処理するしかなくなるわけですが、時間的猶予が無いとはいえ急いで怪我をしてもつまらないので、『ゆっくりと確実に』という考えは維持したいものですね。

 

ちなみに僕は社会一般的に表現される『ヒラ社員』という立場ですが、普段からのコミュニケーションが出来ていれば年齢や役職の差など一切が関係ないという話になるという一例でもあります。

この場合は普段から職場の危機感を伝えていた課長に対し、『いざとなればあなたにも出てきてもらいますよ』という警告が現実のものとなっただけであり、
現場同僚の人たちには全体の場で発言する事により証人となってもらっただけの話です。

 

言い換えれば初めから現場を気にしていれば必然的に不足分の人数が補充されてしかるべきであり、人が足せないのであれば対策を講じる事でいくらでも対応は出来た筈なのですが…。

人間関係はただでさえ難しいと言われますが、『お金』が加わると一層の難しさを誇ってしまうようです。

※諸注意

僕は相手を気にしないで今後の予想を可能な限り予見する事でコミュニケーションを図る事が得意なので、日常的に事業所の上下関係を気にしない発言が多く含まれています。

なのでこの場合の話も一種の笑い話のような雰囲気で流す事が出来ますが、これには精度の高い先読みの問題や互いの性格を理解し合う事が最低の必須条件であり、
これに加えて周囲が納得する業務内容を実施できなくてはたちまち反感を買う事になります。

簡単に言えば自分無しでは特定の現場そのものが機能しなくなるような信頼感・信用感が芽生えていなければ自分の首を絞める行為にもなりかねませんので、こういった発言はしない方が得策かもしれません。

これ以上悪化すれば体制が立て直せなくなる!

という、ここ一番の賭けに近い発言として僕は使用しました。

関連ページ

人前で話すのが苦手という人に向けた話をまとめてあります。

どうしても朝礼や昼礼といった、『人前が苦手・ネタ探しが苦手』という人に役立てば幸いです。

【朝礼のコツ ネタを考えてしまうアナタに】へ

 

朝礼や昼礼などの場に立つ事に抵抗が無くとも、ネタに困っているという場合にはサイト内検索で何かキーワードを入れてみてください。

使えるネタが発掘できるかも知れませんよ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました