当たり前に発生する失敗について 明日の朝礼ネタ(仕事ネタ)

1.4 仕事の問題・悩み・相談

当たり前に発生する失敗について 明日の朝礼ネタ(仕事ネタ)

おはようございます! すえです!

毎日だろうと当番だろうと毎回の集会ネタって面倒ですよね。

『今日は何を言えばいいものやら………?』

なんて悩みは僕の身の周りでも頻繁に聞く事です。

ここでは毎回の朝礼ネタに困らないよう仕事に関するネタを提供しますので、以下の内容(文章)をあなたの表現で伝えてください。

今回の朝礼ネタ当たり前に発生する失敗についてです。

ここでは『朝礼』という言葉を利用していますが、もちろん他の場面でも使う事ができますよ!

他の場面例:昼礼・夕礼・夜礼・週礼・月礼・教育・会議・相談者への回答…など。

当たり前に発生する失敗について 明日の朝礼ネタ(仕事ネタ)

『仕事をしていれば必ずミスが発生するという事は避けらず、ミスから発生する問題の深刻化を防ぐ最善はなるべく早い報告という事をこれまで何度か話題にしたかと思います。

…で、こういった話題を僕が持ち出す時というのは作業上のミスが密かに発生したわけであり、それが誰にも報告されず、深刻化が現在進行形という事ですね。

今回もそうです。

(現物を手に持って)これがその現物ですが、……まあ、見ればわかる通り、破損してますね。外装に大きな傷が入り、部分的に穴が開いています。間違いなく内部の商品も破損しているでしょう。

破損理由は特徴からして高所からの落下でしょう。よくあるミスで、よくある事故です。僕もよくやります。

この現物は先週半ば頃から○○の場所に保管されていたのを確認しており、昨日の午後、必要になったので取りに行ったらこんな感じになっていました。

同じパレット上に全部で16個保管されていましたが、その16個の全てを落としたらしく、周囲の目線を気にしつつこっそり隠したのか、それともザマミロと内心でゲラゲラ笑いながらいずれバレるようにあの場所に置いたのかは分かりませんが、
…まあ、僕個人に言わせればどういった気持ちであってもその人のレベルというのが伺えるようで『スゲェ大人だなぁ』といった思いです。

 

犯人捜しをするつもりはありませんので目撃者からの情報を募る事もしませんが、これまでも何度も言ったようにミスは誰でも必ず起こすものであり、僕だってミスばかりの勤続年数みたいなものです。

今回の品の破損理由は明らかな高所からの落下であり、このミスを知りたい理由とは簡単に起こした人を責めるとか損害をどーのこーの言うのではなく、

落下事故の発生により当人に怪我はなかったか、周囲の人に当たらなかったか、周囲の保管されている製品に被害が及ばなかったか、その時点での在庫を把握し、今後の作業に支障が出てこないのか…。

という事をいち早く察知するために知りたいわけなんですね。

もちろん、業務上の過失という事で物言いをするかも知れませんが、これは社交辞令であって形式美みたいなものです。僕を含め、上司の方々もそんなものでしょう。

『やっちまったものはしゃーない』…と、そんな感じです。

 

今回はたまたま急な必要性を秘めるものではなく、同時に良品在庫も溢れている状態なので業務といった方向では問題はありませんが、ミスを隠す人間が潜んでいるという意味合いでの問題は深刻だと思います。

しかも壊した破損物を良品在庫に紛れ込ませて他の関係者に責任を擦り付けようとするその意識が非常に気に食わなかったので、こうして全体の場で話す事にしました。

こんな事は過去にも言った気がしますが、ミスを隠すのであれば完璧に隠し切ってください。バレるような姑息な気持ちでミスを隠すのならば、いっそ、開き直って正直に言ってしまった方が心身共に楽だと思います。

そしてうまく隠せたと感じていたとしても予想外な所で人は見ており、本人を除いて拡散するものなので、その事も念頭に置き、それでも隠すのであれば誰の目に触れても気付かれない完璧さで徹底をお願いします。

 

なお、先にも言いましたが犯人探しをする気はないのでこの件は僕が処理します。

以上です』

今回の朝礼ネタのナカミ

『朝礼ネタのナカミ』はその場では伝えきれなかった内容として、別の機会に活用してください。この話をネタとしてアレンジするのもアリですよ。

 

ネタバラシをすれば、その目撃者とは僕自身です。

高所から物を取ろうとした作業者がレバー操作を誤り、天井の低い部分に商品が当たり、それに気付かず後退したために荷崩れを起こしたというのが真相ですね。

よくあるミスであり、そのミスを咎める気は初めからありませんでしたが、もともと癖のあるその作業者のその後の行動が気になったので様子を見る事にしたんですね。もちろん、彼の携わる班のリーダーを含め、その関係者に伝えた上で。

誰かにミスを報告すれば僕の耳にも流れてくるため、その場合は別に言う気もありませんでした。報告を受けた誰かが適切な処理をすると思われましたので。

僕は知らなかった風に徹して破損品の内部確認作業を手伝うつもりでしたが(不具合の確認や手直しは僕が事業所内でピカイチ?)、期限とした1週間を待っても誰にも報告が無かったので朝礼の場で本人の居る前で全員に通達したまでです。

ちなみに僕はこういった形での間接的な本人への説教と全体の通達をする事に抵抗はありませんが、この時にそれぞれの表情を気にしてしまうと目線を当事者に向けてしまう可能性があるため、意識的に問題とする製品のみを眺めながら話を進める事にしています。

『あくまで破損した相手を現時点で知らない』

これに徹するためです。

 

すえ

関連ページ

人前で話すのが苦手という人に向けた話をまとめてあります。

どうしても朝礼や昼礼といった、『人前が苦手・ネタ探しが苦手』という人に役立てば幸いです。

【朝礼のコツ ネタを考えてしまうアナタに】へ

 

朝礼や昼礼などの場に立つ事に抵抗が無くとも、ネタに困っているという場合にはサイト内検索で何かキーワードを入れてみてください。

使えるネタが発掘できるかも知れませんよ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました