チーズハンバーグ レストラン風?の作り方

5.0 グルメ? 食いしん坊すえ

チーズハンバーグ レストラン風?の作り方

こんにちは! すえです!

仕事が休みで暇なときには家でゴロゴロ転がっているのが僕の日課(?)なんですが、何もしていない時間帯でもお腹は減りますよね。

…で、何か食べたいなぁ…となるわけですが、優柔不断な僕は自分の食べたいものすら即座に決定できず、例えばすぐに『これが食べたい!』ってなる事が非常に稀なんですね。

具体的に『食べたいもの』に行き着くまでには軽く1時間以上考えるのが常なんですが、さすがに2時間以上考え続けると、

もー、なんでもいいや。

ってなるわけです。

そうなった時のバリエーションはだいたい限られていて、僕の場合は手軽に大量に美味しくの基本概念のもと、ハンバーグ料理に走るんです。

という事で、今回は誰でも作れる美味しいハンバーグ料理を紹介しますね!

スポンサーリンク

💡準備するもの

今回のハンバーグ料理はあくまでレストラン風。

そして今どきのレストランで1からハンバーグを準備するところと言えば、高級レストランハンバーグ専門店、または個人経営の飲食店くらいなもので、それらの多くもわざわざ手作りを用意する事が稀な時代となります。

僕もそんな時代背景の流れに準じ、こういったものを毎回用意します。

誰でも作れる料理と言えば、コレ!
もともと完成しているタイプの温めるだけの食材の登場です。
今回はチーズハンバーグのレストラン風(?)という事で、上記の食材を用意しました。

  • 調理済みハンバーグ150グラム2人前
  • レトルトのミートソース2人前
  • モッツァレラチーズスライス1袋
  • お好みの調味料(僕の場合はタバスコ)

ちなみに2人前としているのは、単にハンバーグが2個入りだからです。

スポンサーリンク

調理方法

もともと出来上がっている食品のそれぞれに調理という言葉を使うのもどうかと感じる僕ですが、他に言葉が思い付きませんので調理と表現させていただきます。

1.ミートソースを温める

まずは熱が通るまでに一番時間が掛かるものから手を入れます。
という事で今回はミートソースを鍋に。

ちなみに僕は完成までの時間効率重視型なのでフライパンを活用します。
こちらの方が調理時間が短縮されますが、お湯の吹き出し率が上がってしまいますので、ある意味で目は離せなくなります。

また、余談ですが僕はサンリオだし好きです☆
でもこの場合、キティが火炙りのような…(汗)。

2.ハンバーグを温める

続いてハンバーグを温めます。利用する器具は電子レンジですが、ない場合はお鍋でも大丈夫ですよ。

ここでは電子レンジを活用して説明を進めますね。

真空加工食品全般に言える事ですが、切り込み(空気穴)はちゃんと作りましょう。
これをやらないと加熱時に発生した空気の逃げ場が無くなり、最終的には袋が爆発します。

ちなみにこの方法は今どきのレストランの最低限マナーというか、ルールです。当たり前ですがね…。

以前の職場でその事を理解しない従業員が居まして、五目あんかけに切り込みを入れないまま調理していたところを目撃したんですね。
結果は…、まあ、散々でした…。

切り込みを加えたら即座に(…でもないけど)電子レンジに投入します。

加熱時間はそれぞれの商品に時間が記されている筈ですが、加熱完了後に冷えた状態のスライスチーズをのせますので、気持ち長めに加熱しましょう。
僕はプラス60秒とする場合が多いですが、正直言ってその時の気分です。

3.盛り付けをする

加熱が完了したら、まずはハンバーグを取り出して袋から出します。

お皿のサイズの問題もあるためハンバーグを2段重ねにしますが、この時、1段目と2段目の間にチーズを挟みます。

ハンバーグを2段重ねにしたら、その上にもチーズをのせます。
この時点でそんじゃそこらのレストランには負けないチーズ量ですね☆

耐熱皿が少々汚れて見えますが、これはすぐに見えなくなります。

なるべくハンバーグの真上から加熱したてのミートソースを掛けて完成です。
真上からミートソースを掛ける事で、チーズを溶かすんですね。

あとは好みの調味料を加えるなどして自分好みの味に調整するのも良しですが、このままでの十分に美味しいですよ☆

本格的な料理として工夫を施すのであれば、ハンバーグ中央にハーブ類を掛けてみたり、黒コショウを隠し味に使ってみたりとアレンジ方法も多彩です。

急なお客様対応手段としても簡単に活用できますので、機会あらばどうぞ。お子さまなら大半が喜ぶでしょう。

スポンサーリンク

備考

ハンバーグを割った感じです。うまくチーズが伸びたところを撮りたかったんですが、シャッター前に切れて縮みました(涙)。

ちなみにスープ(ミートソース)が多いため、僕の場合はスプーンで食べてます。

タイトルはチーズハンバーグと表記していますが、実際には

スープハンバーグ

とも言えそうですね。

好みの味探し

ちなみにこの作り方を応用すればカルボナーラナスミートのような、パスタ系のほとんどのソースを流用する事ができるため、お好みの味はきっと見つかるでしょう。

また、複数を作るにしても、もともとレトルト商品ですので鍋の中での色分けも簡単という便利な特徴もありますね。

1食当たりの金額

実は考えたことも無かった必要金額ですが、漠然とですが念のため記しておきますね。

なお、僕が食材を取り揃えたお店は『ジャパンミート』というお店です。

  • ハンバーグ2枚・・・300円くらい?
  • モッツァレラスライスチーズ7枚・・・150円くらい?
  • ミートソースレトルト2人前・・・100円くらい?
  • タバスコ・・・150円くらい?

本当に漠然としていて申し訳ないのですが、こんな感じです。いつも『500円じゃ収まらないなぁ』とか思いながら買っています。

…まあ、タバスコに関しては一本あればしばらく持ちますけどね。

という事で、今回のチーズハンバーグ2人前に必要な金額は、

税込み価格で600円行くか行かないか…。

と、覚えておけば良い感じかと。つまりは1食300円くらいですね。

これが安いのか高いのかはよくわかりませんが、満足いく味と量であるとは自負してますよ☆

という事で、機会あらばお試しください。

ではでは

すえブログ全もくじへリンク

投稿順の目次へリンクします。

カテゴリもごちゃまぜなので目が回らないようにご用心♪

【ブログ内全もくじ】へ

ごちゃごちゃがイヤな方はサイドバーのカテゴリからどうぞ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました