本ページはプロモーションが含まれています
スポンサーリンク

チキンマックナゲット15Pキャンペーン☆いつまでが販売期間??

5.1 レストランとか

チキンマックナゲット15Pキャンペーン☆いつまでが販売期間??

マクドナルドのチキンナゲット15ピースキャンペーンが始まりましたね!

個人的には

マック=チキンマックナゲット
(…と、ハッシュドポテト💧)

みたいな印象でもあるので、誰が気にしなくとも僕個人が気にする値引きキャンペーンなんですね!!!

という事で、キャンペーンの度に更新を約束できるのがこのページ。

今回もさっそく参りますよ☆

同時キャンペーンである期間限定商品も別ページに記載してありますので、気になる項目があれば、そちらもどうぞ!

>>【グラコロ】実食感想へ

>>【濃厚ビーフハヤシグラコロ】実食感想へ

>>【ビーフシチューパイ】へ

また、このページの中盤以降には気になるカロリーを含めた栄養情報や販売期間も記してあるので、気になる方は少し下の『目次』からジャンプしてください。

スポンサーリンク

チキンマックナゲットキャンペーンとは?

マクドナルド全店が定期的に行う価格値引きキャンペーンです。

対象はチキンマックナゲット15ピースに限り、数百円単位で値引きされる期間限定のキャンペーンですね。

ちなみに2023年12月前後の今回は

710円が490円になるという220円引き!

1ピース単位に置き換えれば32.7円となりますね☆
(ちなみに通常価格の710円の場合は1ピース47.3円)

キャンペーン期間は長いようで短いので、マックナゲットファンならば『買い!』の期間でもありますね!

スポンサーリンク

チキンマックナゲットキャンペーンのおまけ要素☆

チキンマックナゲットの値引きキャンペーンのおまけ要素と言えば、ソースラインナップが増える事でしょう!

たとえば今回のキャンペーンでは従来の

  • バーベキューソース
  • マスタードソース

に加え、

  • 伊勢海老風味バターソース
  • 黒トリュフ風味のステーキソース

といった2つの味が楽しめます。

従来のバーベキューソースとマスタードソースは年中無休(笑)で手にする事が可能ですが、キャンペーン時に登場する多くのソースはその時限りとなっているようですので、相当の人気を博さない限りは復刻も難しいでしょう。

(…という、個人的な見解です💧)
(↑ そのくらいに毎回2種のキャンペーンソースに留まり、そして毎回新味…)
(↑↑ そして、MAX4種という、今現在までのマクドナルド流儀?)

ま、早い話が

キャンペーン時の特別ソースは、その期間内でなければ二度と味わう事ができない(…可能性大)よっ!

という事ですね。

どんな理由があってもレギュラーソースオンリーという方は話が別ですが、せっかくの珍しい味なら試してみようという考えをお持ちの方は、是非是非試すべきですねっ!

むしろ、チキンマックナゲットの値引きよりも、新味ソースの試しこそがチキンマックナゲット値引きキャンペーンといった考えも持てますっ!

…と、そのくらいに強調できる、希少価値の高い存在なのが、ナゲット値引きキャンペーン中のナゲットソースなのですね☆

スポンサーリンク

チキンマックナゲットキャンペーンの落とし穴?

チキンマックナゲット値引きキャンペーン時の思わぬ落とし穴…。

それは、限定ソースの品切れ現象です。

限定ソースはそもそもが限定生産ですので、マクドナルドとしても期間一杯に間に合う数量は生産するでしょう。

ですが、予想をはるかに上回った人気が発生した時などは、キャンペーンが始まったばかりで在庫切れという事も多々あるんですね。

大人気爆発で予想以上に在庫の底が尽いてしまうという現象はマクドナルドさんにしてみればウハウハでしょうが、手にしたくとも手に出来なかったユーザー視線では冗談じゃない話でもありますよね。

でも、ルールはルール。

在庫が尽きたからという理由で増産する様であれば、それは単なるユーザーへの裏切り行為。

そんな理由もあって、生産者・販売者と言えどもホイホイと裏切り行為は出来ないといった裏事情があるんですね。

本当に欲しいのであれば、それこそ早い者勝ち!

これこそが数量限定の醍醐味ですね。

という事で、気になるナゲットソースがあった場合には、キャンペーン開始と同時に近所のマクドナルドに走る覚悟で参りましょう!

この行動を後回しにした結果、味わい損ねたナゲットソースが本当に多いんですね、…僕は💧

スポンサーリンク

考察:どうしてナゲットソースが品切れになるの??

チキンマックナゲット15ピースの値引きキャンペーンは、単純に言って3桁価格の値引きです。

飲食店によくある数十円値引きといった遠慮がちな価格低下ではなく、もともと3桁価格メニューの3桁価格値引きなんですね。

『500円中20円お得!』

とか

『700円中50円お得!』

といったありきたりな値引きでは動じないユーザーでも、さすがに

『710円中220円お得!』

であれば、ココロがグラグラしてしまうというか(笑)

なので、普段はチキンマックナゲットに興味がないユーザーであっても、さすがに購入に走る方が多い印象ですね。

また、チキンマックナゲットの大幅値引き対象は、今のところ

15P限定(!!)

となっていますね。

気にしない方は気にしないのでしょうが、マクドナルドが販売するチキンマックナゲットに付属するソースは、

5ピースに対してソース1つ

といった定義があるんですね。

なので、キャンペーン対象の15ピースでは必然的にソースが3つ付属する事になり、ユーザーの中には狙って同種のソースを3つ選択する方も非常に多いのです。

特にタルタル系は人気が高く、多くのユーザーが『タルタル系』というだけで真っ先に3つ選ぶケースが後を絶ちません。

これが、キャンペーン開始早々に起こるソース切れの原因なんですね。

また、どうしても忘れがちではありますが、数量限定のナゲットソースは何も15Pナゲットでなければ選べないわけではないという部分も早い在庫切れの原因になっています。

数量限定のナゲットソースは

  • チキンマックナゲット5P購入時
  • セットポテトのナゲットチェンジ時
  • ポテナゲ系の注文時
  • ナゲットソース単体の購入時

などなどにも利用されますので、注目を浴びるナゲットソースは特に早々に限定数量に達してしまっても不思議ではないのですね。

これが、チキンマックナゲットキャンペーン時によく見られる、ナゲットソースの在庫切れとなる理由です。

個人的にも『超』か付くほど速すぎるナゲットソースの完売は過去に何度か遭遇していますが、これもルールなので諦めるか無いでしょう。

…諦めるしかないけど、諦めきれないのであれば、やはりキャンペーン開始と同時に購入する意気込みでマクドナルドに訪れるしか手段はありませんね。

スポンサーリンク

チキンマックナゲットキャンペーン価格 いつまで販売?

今回発表されたマクドナルドの期間限定チキンマックナゲットの値引き期間は

11月24日~12月25日

といった1か月間となっています。

マクドナルドの期間限定商品の多くは在庫数が決定されており、結論からすると売り切り御免スタイルですが、チキンマックナゲットに関してはレギュラー化されているので売切れそのものには気を使う必要はないでしょう。

ただ、キャンペーン用の特別ソースは別物ですので、そんな特別ソースが目的の方は、早い段階でマックキャンペーンに手を出した方が賢明な判断と言えるでしょうね。

本当に注目を浴びるソースともなれば、冗談抜きに2週間持ちませんから。

スポンサーリンク

マクドナルド2023【チキンマックナゲット15P】カロリーは?

チキンマックナゲットのカロリーと、その他気になる栄養成分等は以下の通り。

チキンマックナゲットそのものは通常販売品と変化ありませんので、こちらはチキンマックナゲット15ピースと全く同じ値になりますね。

重量 エネルギー たんぱく質 脂質
311g 789kcal 46.0g 48.1g
炭水化物 コレステロール 食物繊維 食塩相当量
42.8g 149mg 2.2g 3.5g

 

スポンサーリンク

【チキンマックナゲットキャンペーン】の口コミは?

どんな時でも購入可能なチキンマックナゲットではありますが、キャンペーンとなるとやはり注目度が異なるようで、感想も様々みたいですね。

数あるコメントの中から高評価と低評価のそれぞれ3つをまとめてみました。

チキンマックナゲットキャンペーンの高評価意見☆

  1. マックのナゲットが好きなので、キャンペーン価格は毎回嬉しいです。値引き後の価格も3分の1程度まで落ちるので、他のファストフード店と比較しても類を見ないなど、よく仲間内と話しています。
  2. 普段はポテト1択ですが、ナゲット15Pキャンペーンの時だけナゲットに切り替えます。理由は毎回異なるソースが気になるため。必ずしもヒットではないけれど、楽しみには変わらないという理由で買っちゃいますね。
  3. ナゲットに限った話でなくとも、今は何でもかんでも値上げ時代なので、こうしたキャンペーン時にだけマック寄ります。ソースはいつも親子揃ってバーベキューなので、期間限定の味には特別な興味がありません。安さが正義ですね!

といった高評価の一部ですね。

昔のチキンマックナゲットのキャンペーン価格と言えば5ピースで100円でしたが、そこまでとは言えないまでも、今の時代の食事メニューの値引きとしては確かに破格ですよね。

ちなみにキャンペーン対象のナゲット1ピース単価は、単純に約32.7円となっています。

 

ソースの味に関しては、残念ながら僕も毎回期待通りとはいかない印象ですが、それもまたキャンペーンソースの楽しみの1つと言えますよね!

個人的には辛党なので、『ワサビ』と付く過去のソースが今のところ№1ですが、初めの一口目は凄まじい違和感がありましたね☆

 

チキンマックナゲットが大好きという方にしてみれば、単純に安さが嬉しいといった反応も多い印象ですね。

単純に200円の値引きは確かに他の飲食店では類を見ない設定ですね。

願わくばこの価格差が狭まらない事を願うのみです。

 

続いて低評価意見…。

チキンマックナゲットキャンペーンの低評価意見💧

  1. 過去の事件を思うとやはり…。大幅な値引きを設定するのがナゲット1択なのも、その事件の払拭にしか思えないので買うに買えません。
  2. 価格差は嬉しいけど特別ソースの品切れが多く、いつもモヤモヤする。店舗にもよるのかも知れないけれど、もっと大量に準備して欲しい。
  3. 期待外れのソースが多い。結局値引き中の2回目以降はマスタードとバーベキューに戻ってしまう。期間限定ソースが美味しいと思った試しがないです。

低評価レビューではチキンマックナゲットによる不評というよりも、限定ソースに関しての低評価が目立ちましたね。

3さんの意見を見れば一目瞭然なのですが、毎回期待外れだったとしても1回目の購入時には特別ソースを試している事が伺えます。

それだけ期待感が高いという事でしょう。

ただ、普段の食べ慣れた味と比較してしまえば、どうしても違和感が真っ先に来てしまうのは僕も同じですね(笑)
(だいたい3ピース目にして味が理解できるというか)

 

同じソースでも品切れを訴える人も多いですね。

僕も同じです☆

ただ、やはり品切れがあるからこそ数量限定であるとも思います。

企業側に立てば、食品ロスの観点から『売れ残っちゃった☆』とも言えないでしょうしね。

 

1さんの過去の事件とは、アレですかね。

随分話題になって一時期チキンマックナゲットが販売を停止する事態にまでなりましたね。

僕はこの意見に真っ向から反対なんですね。

というのも、事件は確かに発生しましたが、その事件とは間違いなく『それまで』の話なんですね。

何かしらの事件発覚後はマクドナルドに限らず、販売の続行を考える限り最大限の品質管理を高め、その意識を維持する筈ですから、言ってしまえば過去のナゲットよりも品質は確実に上昇しているというのが個人的な考えなのです。

まあ、過去は知らず知らず口にしておいしいでしたが、今は過去よりも管理が行き届いた安心のおいしいで口にしていますよ☆

スポンサーリンク

チキンマックナゲットキャンペーンのまとめ

以上、マクドナルドのチキンマックナゲットキャンペーンのお話でした。

チキンマックナゲットと言えば、毎回セット購入時にナゲットチェンジするくらいに大好きなんですね。

そんな大好きが定期的に値引きされ、おまけに限定ソースが試せるとなればファンが気にしない筈がないキャンペーンですが、そもそも有名過ぎたファストフード店のキャンペーンという事もあって、普段はナゲットに見向きもしないユーザーまでもが一斉に目を向けるから困ったキャンペーンでもありますね。

とにかく毎回の特別ソースは個数に限りがありますので、気になったら試す精神で購入に走る方が、チキンマックナゲットキャンペーンを最大限に楽しむ秘訣と言えるかもしれませんね☆

 

スポンサーリンク

関連記事

今回のチキンマックナゲット15Pキャンペーンと同時限定販売品紹介☆

>>濃厚ビーフハヤシグラコロの実食感想へ

>>グラコロ実食感想へ

>>ビーフシチューパイ実食感想へ

 

マクドナルドのもくじへ

マクドナルドメニューのアレコレ評価のもくじへ進みます。

 

『☆ごちゃまぜもくじ…の、もくじ☆』へ

当サイトの総合的なもくじ事ページに飛びます。

 

『有名飲食店実食感想 もくじ』へ

日本全国または世界的に有名な飲食店に関する目次ページに飛びます。

 

『関東圏内飲食店実食感想 もくじ』へ

主に関東県内で有名な飲食店に関する目次ページに飛びます。

 

『小規模展開または個人経営飲食店実食感想 もくじ』へ

主に隠れ名店(穴場)と表現される、地元で有名な飲食店に関する目次ページに飛びます。
僕が住んでいる位置関係から、茨城県重視型となりますが、いずれ全国展開しても不思議ではない味や素材や価格といった魅力がありますよ。

 

『お菓子・おつまみのもくじ』へ

有名なお菓子から無名のお菓子まで。
当たり前のお酒のお供から、個人的にアリと思えるおつまみまで。
駄菓子・果物・何でもござれ?

 

『屋台(的屋)いろいろ』へ

イベント会場のおまけ要素。
人によってはこのおまけ要素がメインとなる場合も。
昔から変化のない屋台に思えて、実は屋台も時代に合わせて変化しているんですね。

 

『新鮮食材が買えるところ』もくじへ

『鮮度・価格・量・質・提供速度』の全てが揃った販売店は?
僕の中では直売店です。

という事で、こちらでは農家が直接販売する無人販売所や、地元農家の野菜が集合する直売店を紹介しています。
また、どうしても野菜と比較すると人の手が加えられますが、鮮度の良い精肉店等も紹介しています☆

 

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました