Googleアドセンス 審査通過までの最低準備

9.0 アフィリエイトブログ実践記録

Googleアドセンス 審査通過までの最低準備

おはようございます! すえです!

今回はGoogleアドセンスの審査依頼から合格通知までの時間、それと、参考になるかどうかはわかりませんが、実際に僕が審査依頼に対して準備した全てのブログ内容をお伝えします。

 

ただ、一方的な僕の話だけだと比較要素が無いので、それまでに僕が確認したアフィリエイターさんの言葉を参考に、『以前と現在』の違いを述べたいと思います。

ちなみに『以前』の部分は僕が確認したアフィリエイターさんの当時の話で、『現在』については2019年6月からのお話だと思ってください。

もちろん、Googleアドセンスの方針は頻繁に変化するようなので、この話がいつまで続くかの保証はありません。あくまで参考資料の一つとして受け取ってください。

審査依頼に準備するブログ内容

まずはじめに審査に必要な記事内容です。

それぞれのアフィリエイターさんの教え

以下は各アフィリエイターさんの総合的な教えです。

1:記事数

  • 多いに越したことはない。
  • 基準は最低でも20~30は欲しいところ。欲張ればそれ以上。記事数が多いほど通過率が高まる。
  • 稀に15記事くらいで通る場合もある。おそらくは記事内容が高評価に思われた結果。

2:1記事の文字数

  • 文字数は多いに越したことはないが、少ないのはダメ。
  • 最低1000文字以上を意識する。
  • 出来れば3000~4000文字以上。ちなみに安定した評価を得るなら6000~8000文字以上。10000文字を越えると読み手が疲れる。
  • 最も多かった文字数は1500文字前後。
  • 少なすぎる文字数の参考は800文字未満に集中。

3:固定ページの設置

  • プロフィールとプライバシーポリシーは必須。
  • プロフィールは否応なしに完全オリジナルになるが、プライバシーポリシーに関してはコピー文も可。
  • お問い合わせフォームを作る。
  • 審査時において固定ページはページ下部に表記。上部の表記はタブー。

4:画像・アイキャッチ

※意見が最も大きく分かれた部分です

  • アイキャッチは必須。
  • 画像はオリジナルを挿入すると審査通過率が格段に上昇する。
  • 真っ白で素っ気ないページは低評価。
  • 無料画像とオリジナル画像を半々に入れる。
  • 飾りすぎるとマイナス効果。

 

続いて審査についてです。

5:審査期間

  • 通常は7日から10日程度。
  • 遅い場合は15日から20日、またはそれ以上。
  • 稀に3日程度で合格通知がくる場合があるが、それは非常に稀な出来事。

6:審査中に行う行動

  • 追加投稿。毎日最低でも1記事。
  • 追加投稿。少なくとも3日に1記事は欲しいところ。

これらの情報は本当に各アフィリエイターさんの感覚的な部分が多く見受けられ、人によって言う事が異なる場合が多いのですが、概ねはこんな感じだったと記憶します。

余談

各アフィリエイターさんの言葉には頻繁に『1次審査』『2次審査』という言葉がありましたが、僕が受けた審査ではそれは無く、審査を依頼した直後にメールが届き、この話で言う『2次審査』に必要なコード(アドセンスコード)を貼り付けるという作業があったようでした。

当時は理解できませんでしたが、『1次審査』に通過できた人がアドセンスコードを受け取ることができ、それを貼り付けた状態で『2次審査』を受け、最終チェックと共にアドセンス広告の配信が可能になるといったシステムだったようです。

しかし、今現在では2つの審査が一括して行える形と変化したようですね。

当時の僕はこのコードの意味が理解できなかったため、完全放置でした。でも合格…。

結局は内容なんですかね? それとも内容というよりは、Googleアドセンス側のシステム妨害に繋がるか否かの審査なんでしょうかね?

まあ余談はさておき、上記の話を参考にした上で、僕が実際に審査に向けた内容や結果をお伝えします。

上記の内容を一気に覚える事は難しいと思われますので、まるっきりコピーした内容に赤文字を足します。それが僕の取った行動です。

審査依頼に準備するブログ内容(僕の行動含む)

では参ります。笑うかもしれませんよ?

それぞれのアフィリエイターさんの教え…と、僕の取った行動(結果的に審査依頼をした当時の更新具合)

※黒文字は先程と全く変わりません

1:記事数

  • 多いに越したことはない。
  • 基準は最低でも20~30は欲しいところ。欲張ればそれ以上。記事数が多いほど通過率が高まる。
  • 稀に15記事くらいで通る場合もある。おそらくは記事内容が高評価に思われた結果。
  • 全体で13記事(うち、プロフィール1、プライバシーポリシー1)

2:1記事の文字数

  • 文字数は多いに越したことはないが、少ないのはダメ。
  • 最低1000文字以上を意識する。
  • 出来れば3000~4000文字以上。ちなみに安定した評価を得るなら6000~8000文字以上。10000文字を越えると読み手が疲れる。
  • 最も多かった文字数は1500文字前後。
  • 少なすぎる文字数の参考は800文字未満に集中。
  • 平均2500文字(推定)。最高3000文字程度、最低800文字程度。

3:固定ページの設置

  • プロフィールとプライバシーポリシーは必須。
  • プロフィールは否応なしに完全オリジナルになるが、プライバシーポリシーに関してはコピー分も可。
  • お問い合わせフォームを作る。
  • 審査時において固定ページはページ下部に表記。上部の表記はタブー。
  • 言われるがままに設定。(僕にとって一番初めての処理がこの部分)

4:画像・アイキャッチ

※意見が最も大きく分かれた部分です

  • アイキャッチは必須。
  • 画像はオリジナルを挿入すると審査通過率が格段に上昇する。
  • 真っ白で素っ気ないページは低評価。
  • 無料画像とオリジナル画像を半々に入れる。
  • 飾りすぎるとマイナス効果。
  • まったくの未使用(全てのアイキャッチが『No image』)

 

続いて審査についてです。

5:審査期間

  • 通常は7日から10日程度。
  • 遅い場合は15日から20日、またはそれ以上。
  • 稀に3日程度で合格通知がくる場合があるが、それは非常に稀な出来事。
  • 15時間後に合格通知。

6:審査中に行う行動

  • 追加投稿。毎日最低でも1記事。
  • 追加投稿。少なくとも3日に1記事は欲しいところ。
  • …何もできなかった…。

 

…という結果論に漕ぎつけました。

個人的まとめ

以上をまとめて表記すると、あくまで僕の場合となりますが…。

  • 記事数は11記事でイケる。(それと、プロフィールとプライバシーポリシー)
  • 文字数は平均して2500文字くらい。(文字が多いとユーザーの滞在時間が延びるため、多いに越したことはない)
  • 固定ページはあった方がいい。(正直なところは不明。でも、サービス内容を考えれば…)
  • 審査において画像・アイキャッチは不要(これは言い切れる!)
  • 審査期間は言われるほどの時間を要しない(精一杯ドキドキしよう)
  • 追加投稿…出来る時間が無かった!(審査時間の全ては職場に居た)

こんな感じでしたね。

今回のあとがき

以上、僕が実際に経験したGoogleアドセンスの審査内容とその比較でした。

この結果論は各アフィリエイターさんの言う事が間違っているというわけではなく、それだけGoogleアドセンスの審査基準が頻繁に更新されているという事です。

加えて言うのであれば、熟練のアフィリエイターさんの更新速度が追い付かないほどにGoogleアドセンスの審査基準も変化しているという事なので、アフィリエイトに興味がある方は、興味の時間帯をなるべく短くし、早めの審査依頼に切り替えた方がいいかと思いますよ。

僕だってダメでもともとの精神で挑んだだけの話ですからね☆

最後におまけとして文字数についてですが、この時点で3015文字とのことです。

長く感じますか?

『書きたい』という気持ちや『教えたい』という気持ちがあれば、なんてことない数字だと思いますよ。

 

という事で、お疲れさまでした。

すえ

すえブログ全もくじへリンク

投稿順の目次へリンクします。

カテゴリもごちゃまぜなので目が回らないようにご用心♪

【ブログ内全もくじ】へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました