バレンタインデー 人生有数の記憶を男性に送る方法を教えます

7.1 年間恒例イベント

さりげない一言だからこそ心に残るものなんです☆

どうもです! すえです!

毎年2月14日はバレンタインデーという事で、心寄せる相手にチョコレートを渡すのが日本人女性の習慣という事はあまりにも有名ですね。

僕は男性という立場であって、チョコを渡す行為に関するドキドキ感や恥ずかしさというものは判断し切れませんが、代わりに男性の立場として思いを綴る事は可能です。

という事で、今回は男性の立場に置かれるバレンタインデーについてを紹介したいと思います。

告白を形にした本命チョコ、付き合いという名の義理チョコ、なんとなく渡した方がいいのかな~? …みたいな、お付き合いチョコ(?)など、ある意味で男性を喜ばせ、一方で『なんだい、義理かいナ…』と納得させる方法などをこっそり教えたいと思います。

色々と書く事が多そうなので、ブックマークしておくといいかもですね☆

スポンサーリンク

ほとんどの人が気にし、自然と思い出す魔法の言葉

バレンタインデーの主役は女性側。

そして必須アイテムはチョコレート(日本に限る?)。

でも、そんなチョコレートは食べてしまえば姿が失われ、ちょっと時間が経てば卒業だ入学だ社会人生活突入だで、なんだかんだバレンタインデーの出来事が薄れてしまう…。

そんなのって悲しくありませんか?

という事で呪詛ではありませんが、バレンタインデーが近付く度にあなたを思い出させる秘訣を教えますね。

『大好き』アピールを上回る『一言』

『ずっと見てました!』とか『大好きです!』という言葉は距離が本当に離れていて、相手がこちらを認識していない人が言うにふさわしい言葉ですね。

そういった立場があなたであるならば、上記のようなストレートな告白が効果を出すでしょう。

異なる学年、異なる業務、異なる年代で近付く事すらままならない…。そういった中の突如の告白。
インパクトは十分、あなたを知らなかった分だけ相手はあなたを気にする事でしょう。

 

でも、もともと同年齢代、同じクラス、同じオフィスという間柄で言うにしては、互いを見知っている分だけ馴染んでしまっている事が災いし、嬉しさの気持ちはあってもどこか冗談めいた受け取り方をされ、いまいちピンとこない場合もあるようですね。

なので、さりげない一言を添える事をお勧めしますが、これが案外思い出深い言葉になるものです。

本当にささやかな『一言』

例えば手作りのチョコを渡す場合にはこう付け加えましょう。
『思った以上に手間取った・作ってみると難しかった』

お店で購入したチョコならこんな感じですかね?
『〇店舗歩き回った・凄い並んでいてウンザリした』

チョコ以外のプレゼントでは?
『趣味がイマイチ分からないから候補を探すのが大変だった・欲しいものは知っていたが、売っている店を探し当てるのに苦労した』

と言ったところでしょうか。ストレートに『時間』という言葉を使わずに、遠回しに『時間が掛かった』と伝える所がポイントです。

この言葉を相手が拾えばあなたへの好感度に応じて感慨深くなるものであり、知らない所で時間を掛けて自分の為に行動してくれた事を嬉しく感じるものです。それこそ、一生と表現しても良いほどに。

…あ、もちろん、上記の付け加える言葉の一例はそのまま言わずに、あなたの言い方に変換してくださいね。
無機質に『〇店舗歩き回った』と言われても、相手からすれば『…だから?』となってしまいますからね(笑)。

なんでそんな事を言い切れる?

はい、実際問題、そういった一言で本当に印象に残る言葉になるの?

って思うかも知れませんので、僕の経験から偶然得た実例に基づくお話を証拠としましょう。

僕の経験談

僕の経験談で言えば『年賀状』にその一例がありまして(バレンタインデーは僕にとってほぼ無縁…)、脈絡のない2人から年賀状制作のカミングアウトを頂いた時の、それぞれの言葉が印象的だったんですね。

まず1人目は男子でして、蛇年にあてたイラストを試行錯誤したそうですが、最終的に使用したのが『縄』のようです。

それまでペンや筆で蛇を描く事に専念していたようですが、どうにもしっくりとせず、最終的に閃いたのが『縄を使った蛇表現』との事でした。

荒縄を短く切って、インクにぐりぐり押し込んで、そんなインクまみれの荒縄を年賀はがきに載せて本(学校の教科書)を重ねて全体重でズドン!

本(学校の教科書)は見るも無残な色合いになってしまいましたが、納得いく『蛇』が完成したという事で僕に送ったとか。

そんな彼の苦労話のさりげない一言が『6枚捨てたよ…』でした。

 

2人目は女子の幼馴染でやはり年賀状。

正月の朝に郵便ポストを漁ると、束なった郵便局からの年賀はがきに漏れるようにして、それとは別の年賀はがきが…?

消印が無い所がなんとも…でしたが、名前を見ればナットク。幼馴染でした。

戌年を思わせる、どこか抜けた感じの犬のイラストが彼女らしい印象でしたね。珍しく力作と感じた内容でもあります。

女子らしく…と言えば変な話ですが、女子は男子に比べて年賀状制作数が格段に多いようで、普通に制作するだけでも相当な時間を要したとか。

…で、後日のささやかな一言というのが『コレが一番手間掛けたんだからね!』でした。

…まあ、近いとはいえポストに投函せずに人知れず自宅まで来てしまったほどの力作だったようで、彼女の性格を知る人なら分かりますが、まさかの拘りようと言ったところですね。

 

そんな2人の表情は未だに鮮明でして、当時の言葉、声も鮮明です。

普通に生活する時はあまり気にする場面に恵まれませんが、年末シーズンとなると当時の記憶が蘇り、一人思い出しては苦笑します。

とにかく僕に対して『時間を掛けてくれた』というその気持ちが伝わるようで、これが嬉しいって気持ちなんだな。なんて、しんみりと思う始末…。

ただ、残念な事はと言えば、この嬉しさが年賀はがきを作ってくれた当人に理解してもらえない所でしょうかね。

『大袈裟だなぁ~…』みたいな?

アイテムだけじゃダメ。
言葉だけでもダメ。
『思い出に残る一言』の多くは、さりげない一言共に渡すアイテムであり、出来れば部屋の片隅に置かれるような物が望ましいと僕は思います。
ふと目にした時に再現される『あのシーン』。これが思い出と言うやつかも知れません。

全てのイベントに通用しますよ☆

スポンサーリンク

今回のあとがき

場面場面による言葉の使い回しは重要でして、当然ながらシチュエーションに合った言葉というものも存在しますよね。

しかし、本当に相手に伝わる言葉というのはポロリと零れる『本音』にこそ強い力が宿るようで、こういった体験談は僕の周囲でもわりとよく聞きます。

『あの時の言葉が…』なんて言い回しで始まる会話には、本人にしか理解できない過去の嬉しさというものが詰まっているもので、そういった過去を大切にして人は生きているとも考えられます。

バレンタインデーは一般的に密かな思いを相手に打ち明ける日とされていますが、どうせ打ち明けるならば、いっそ、あなた自身を相手に宿してみてはいかがでしょうか?

思いが伝われば、たとえ『付き合ってください』の言葉まで繋げられなくても、相手があなたを気にしてさりげなく近付いてくるかもしれませんよ☆

 

(…それにしても、僕にもそういったバレンタインデーの思い出が欲しかったなぁ~…)

すえ

スポンサーリンク

バレンタインデー関連

【バレンタインデー前後の男心】へ

【貰って何がウレシイ? バレンタインの男の本音】へ

【バレンタインデー 人生有数の記憶を男性に送る方法】へ

【バレンタインでの告白手順 お互いに心の準備を設定しよう】へ

【バレンタイン 告白するならば? 男性理想のシチュエーション】へ

【どうやって渡す? バレンタインの義理チョコ手渡し講座(他あり)】へ

【僕が実際にプレゼントを貰った場合の嬉しい推測値段1】へ

【僕が実際にプレゼントを貰った場合の嬉しい推測値段2】へ

すえブログ全もくじへリンク

投稿順の目次へリンクします。

カテゴリもごちゃまぜなので目が回らないようにご用心♪

【ブログ内全もくじ】へ

ごちゃごちゃがイヤな方はサイドバーのカテゴリからどうぞ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました