仕事をする理由について 明日の朝礼ネタ(仕事ネタ)

1.4 仕事の問題・悩み・相談

仕事をする理由について 明日の朝礼ネタ(仕事ネタ)

おはようございます! すえです!

毎日だろうと当番だろうと毎回の集会ネタって面倒ですよね。

『今日は何を言えばいいものやら………?』

なんて悩みは僕の身の周りでも頻繁に聞く事です。

ここでは毎回の朝礼ネタに困らないよう仕事に関するネタを提供しますので、以下の内容(文章)をあなたの表現で伝えてください。

今回の朝礼ネタ仕事をする理由についてです。

ここでは『朝礼』という言葉を利用していますが、もちろん他の場面でも使う事ができますよ!

他の場面例:昼礼・夕礼・夜礼・週礼・月礼・教育・会議・相談者への回答…など。

仕事をする理由について 明日の朝礼ネタ(仕事ネタ)

『入社した頃から気になっていた内の1つですが、特定の部門ではどうして休憩時間に入った後も仕事を続けているのでしょうか?

休憩は体を休めるための時間であり、これもまた先の仕事を続行するために必要な業務である筈と僕は捉えています。

なので、僕の場合、例えばあと少しで終了する作業の中でも休憩時間に入れば即座に休憩に入るわけですが、これは皆さんご存じだと思います。

…で、本題ですが、今日も特定の部門に関しては休憩に入っても作業が続けられていたようです。

この理由を関係者は『仕事が間に合わない』と口を揃えますが、全体が同じ理由で作業を続行するならば、それは部門や個人ではなく会社の問題となると思うんですね。

会社側が然るべき処置を施さないがために、万年問題が休憩時間削減と言う形で皆さんの犠牲を招いているという事になります。

なので、僕個人的に言わせてもらえば間に合わない設定の業務であるならば、間に合わないなりに事を済ませるのも一手と思います。存分に遅れて作業をこなし、しっかりと残業代を稼いでください。

間に合う筈がない作業に対し自分の自由時間を潰してまで間に合わせてしまうから、会社は見て見ぬふりをしてしまう訳ですね。

また、この朝礼の場でこの話を持ち出す数週間前、関係者に『休憩時間中の作業は無給なの?』と尋ねたところ、回答はこういったものでした。

『上司に申請をすればその分は貰える事になっている。…でも、みんなが申請しないから自分だけ申請するというのも…』

という事です。

ちなみに同じ質問を3人にしてみましたが、全員が同じ回答だったので失礼ながら内心で笑いました。

という事で、こなせる筈のない作業量を時間超過で補う事は個人的には感心しませんが、好んでタダ働きをするという行為もまた感心しません。

他部署という事でその方針は指揮者である責任者に委ねますが、その指揮者が何となくの毎日を過ごしているのもおかしな話と言えばそれまでですし、それ以前にどんな意味合いがあってその場を任されているかをまず考えてください。酷使するためですか?

時間超過で作業を続行しなければいけない業務内容は先ほども言いましたが会社の怠慢ですが、その問題提示の前に働いた分はきちんと申請し、得るものを得て下さい。

無償奉仕で働いていると感じる人は考えてください。

『自分が何の為に働きに来ているのか?』

を。

僕は働くために生まれてきたわけではなく、生きる上で必要な給料を得るため仕方なしに働いているという考えの持ち主なので、給料が加算されない働きはするつもりがありませんし、班の仲間にもそうさせています。バカは見たくありませんし、仲間内にバカな思いもしてもらいたくありませんからね。

という事で僕の独断でしたが、この会社はそう言った重要な事柄にルーズさを感じていましたので、この場を活用して言わせて頂きました。

反論があるならいつでもどうぞ。

 

以上です』

今回の朝礼ネタのナカミ

『朝礼ネタのナカミ』はその場では伝えきれなかった内容として、別の機会に活用してください。この話をネタとしてアレンジするのもアリですよ。

 

働いていながらにして無給時間が存在するという話は多くの会社に存在します。日本の民間企業なら有名企業ほど多い印象ですね。あくまで印象ですが。

この話を持ち出した会社でもそうでしたし、どうしても日本人は出すものを惜しみ、得るものを捨てる考えが当たり前に感じられます。

結果的に出す側の会社はこれ見よがしに過剰に出資を惜しむようになってそれが当たり前になり、得る側は得る事が悪のような錯覚に陥るんですね。

これで一般従業員が裕福を夢見るのですからおかしな話です。

 

本題内の最後の方に『独断』と表現していますが、この朝礼の中には問題の対象部門とその責任者や、事業所の最高責任者以下各部門のリーダー関係も揃っていました。

つまりは僕個人のゲリラ的な発言だったわけです。

個人的な調査は数週間前でしたが、実際に口にするまでの期間の理由は当番の巡りと重役全員が揃うタイミングを見計らうためでした。

極めて真面目な話だからこそ全体の場で言う価値が備わるものであり、例えばこの話に限って言うならば、完全に時間いっぱいを休憩として消化できる班と、そうではない班との違いを知ってもらえるきっかけとなります。

あははうふふとバカ話をしようが、汗だくで休める筈の休憩を失おうが、得る給料が一緒だなんておかしな話ですし、それで不満が出ないのであれば既に異常の域に達しているという話です。

サービス残業を良しとする人間になっては人生オワリに近付いてしまいますので、あなたも気を付けましょうね。

…あ、ちなみに僕、純日本人ですよ。メイドインジャパンです☆

それと、この手の話で実際に反論を受けた事はありません。感謝された事はありますが。

上司も会社も分かっていてやっている事なんです。

 

こういった話を持ち出す場合、注意点が1つだけありますのでそこだけは注意を。

例えばどれだけ正論であっても実績が伴わない人物が言えばたちまち反論どころではない仕打ちを受けますのでご注意を。

この場合の実績とは仕事の出来る出来ないではなく、多くの関係者とのコミュニケーションがどれだけ高い水準で維持出来ているかどうかによって大きく変化します。

上辺だけの付き合い程度ではすぐに猛反発を受けるかもなので、日頃の人間関係は仕事以上に重視しましょう。

 

すえ

関連ページ

人前で話すのが苦手という人に向けた話をまとめてあります。

どうしても朝礼や昼礼といった、『人前が苦手・ネタ探しが苦手』という人に役立てば幸いです。

【朝礼のコツ ネタを考えてしまうアナタに】へ

 

朝礼や昼礼などの場に立つ事に抵抗が無くとも、ネタに困っているという場合にはサイト内検索で何かキーワードを入れてみてください。

使えるネタが発掘できるかも知れませんよ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました