サンタスワールド ゲームパニックつくば すえブログ

4.0 いばらき・つちうら散策

今どきゲームセンター

こんにちは! すえです!

今でこそ僕は一部を除いたゲームを全般的プレイする事がなくなりましたが、若かりし頃は四六時中ゲームばかりの時間を送っていたんですね。

『ゲームばかり』と言えば何となく家庭用据え置き型をイメージし、実際そちらの方にお世話になる事が遥かに長かったわけなんですが、

たまには外の空気を…なんて足を踏み出せば、行き着く先はゲームセンター…。

そういった毎日だったような…?

まあ、そんな話はさておき、今回は近場探索という事で昔お世話になった『サンタスワールド内ゲームパニックつくばに行きましたので、その内容をお知らせします。

僕もそうでしたが1人で遊ぶはもちろん、デート先候補としても重宝した場所でもあります☆

ゲームパニックつくば(サンタスワールド内)

現在は倒産の憂い目に遭ってしまったSNKさんの忘れ形見、『ネオジオワールド(1号店)』の原型をほとんど留めたサンタスワールド内にゲームパニックつくばは存在します。

サンタスワールドにはゲームセンター以外にもパチンコホール・ボウリング場・カラオケボックス・マンガ喫茶などが存在するため、わざわざ言葉にしなくとも『遊ぶ・時間潰し・休憩』に特化した施設という事が理解できますね。

とりわけ前身が『ネオジオワールド』という事もあり、SNKさん本業であるゲームに特化したその作りによって、ゲームパニックつくばとなった今現在も施設内の広範囲にゲームセンターが展開されています。

ゲームパニックつくばの様子

今回はゲームセンターの紹介ですので、その様子に集中して画像を紹介します。

便宜上、それぞれの空間に『エリア』と付けて表現していますが、正式名称ではありません。

また、ゲームパニックつくば内部の模様替えは頻繁に行われるため、画像のエリアが説明に伴っていない場合がありますがご容赦ください。

1F手前:体感型ゲーム/プリント倶楽部エリア

まずエントランスから見える光景が体感型アーケードゲームでひしめいている様子です。

ゲームの多くはいわゆる『音ゲー』と呼ばれるもので、常時高い人気を誇っているようです。

それにしても今どきの筐体はいちいち気合が入っていますね☆ なんだか客観的視線だと採算が合うのかどうかが不安だったり…。

その対面にはプリクラが集中しており、写メを撮りたかったんですが…。
構えていたところに女子校生集団に遭遇、驚いたこちらを見て笑われましたので、赤面しつつ撤退しました(人混みを避けて午前中に行ったのになぁ…)

1F奥:キッズゲームエリア

人気のカードやICメダルによる戦闘を楽しむ、主に子供向けのゲームが揃えられているエリアです。

レアものを手にするためか、通称『大きなお友達』と呼ばれる面々も人知れずバトルしている様子も当たり前に眺められますね。

子供心を忘れない様子は関心ですが、日曜祭日などの混雑時の順番は守りましょう。

↑エスカレーター上部から見下ろすキッズコーナー。頻繁に新シリーズが入れ替えられる様子はこの分野に疎い僕にもわかる事。

3F:アーケードゲームエリア

↑僕が子供の頃の『アーケードゲーム』と言えば、ブラウン管とゲーム基盤を使用したビデオゲームが主流でしたが、ネット通信が当たり前となった今現在はどう表現するのでしょうね? 全てが体感型のような気さえします。

ちなみに昔懐かしのアーケードゲームも備えられていますが、けっこうな頻度で模様替えされるんですよね(この日は見落としたらしく、見付けられないままに時間が過ぎた…)

3F:UFOキャッチャーエリア

今どきのゲームセンターと言えば『UFOキャッチャー』の存在は無視できないでしょう。
どのゲームセンターにも数多く設置されていますが、ゲームパニックつくばも結構な数で存在します。

ちなみに上の画像はそんな『UFOキャッチャーエリア』のとある通路からの1枚なので、隣の通路に移れば同じ数の異なる景品が存在する事になります。

↑様々なぬいぐるみやフィギュアが目まぐるしく入れ替わるUFOキャッチャーのナカミ。僕は昔、メンソレータムのナイチンゲールシリーズをコンプリートしました☆ 知っている人は…いないカナ?

どこが始めたのか、『お菓子』の登場は驚きましたね。買えば絶対に安いと分かりつつも、なんでかお金を入れてしまう不思議…。

3F:パチンコ・スロットコーナー

日本でおなじみ、パチンコ・スロットの実機が置いてあるエリアですね。

営業方式が異なるため景品交換は不可能ですが、撤去となった過去の台を打つ事の出来る場所でもあります。

3F:メダルゲームエリア

巨大な筐体の中の様々なギミックの動きを楽しめるメダルコーナー。確率の世界とは異なる、技術介入が楽しい遊戯ですね。

また、同じメダルゲームでも『ビンゴ』のような完全運任せなゲームも多数揃えられています。

↑自然と身を寄せ合う事になるメダルゲームはデートの基本?
 体の距離は心の距離…いやはや…。

↑競馬をモチーフとしたメダルゲーム。馬やフィールド状況など、リアルになる一方ですね。

↑本格カジノの本格スロット。日本のスロットのように甘くはないが、日本のスロットのように緩い出玉でもない♪ 間違ってジャックポットを引き当てたら迷わず会員になりましょう!

今回のあとがき

昔はプレイする事で楽しんだゲームセンターも、今や眺める事で楽しむ場となりました。

せっかく入ったのだから何かしらやってみようとは思うものの、既に複雑に思える操作に体が…、思考が…(情けない…)。

まあ、僕の事はさておき、本当に進化したものですよね、ゲームそのものが。

既に上述してありますが、凝った筐体・凝った内容・凝ったゲームの3拍子で、原価を取り戻すにはどれだけの稼働が必要なんでしょうかね?

昔はそんな事を考えるまでも無く100円玉を投入したものですが、考えようによっては非常に安価な遊びなのかも知れませんね。

 

すえ

すえブログ全もくじへリンク

投稿順の目次へリンクします。

カテゴリもごちゃまぜなので目が回らないようにご用心♪

【ブログ内全もくじ】へ

ごちゃごちゃがイヤな方はサイドバーのカテゴリからどうぞ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました