鬱病からの脱却|働く事によって鬱になってしまった、あなたに実行してもらいたい5つの話

1.4 仕事の問題・悩み・相談

鬱病からの脱却|働く事によって鬱になってしまった、あなたに実行してもらいたい5つの話

悩む人
悩む人

医者にうつ病と診断されてしまった…。

この先どうして良いのかが分からない。

という悩みを持つ方へお答えします。

転職ばかりの僕ですが、それぞれの職場では必ず見てきたのがそれぞれの従業員が抱え込む『職場の悩み』であり、中でも深刻と考えさせられるのが『鬱』という症状ですね。

知らない人からすれば漫画の中の病気に思えますが、恐ろしいほど身近な存在の病気が鬱病とも言えます。

そして物事を考える事ができる人間だからこそ発症し易い病気の1つとも僕は捉えています。悩み事を持たない人間なんて見た事ありませんからね。

こんにちは。すえです。

僕はこれまでの職場で頑張って働くうちに鬱に陥ってしまった同僚を数回見てきましたが、簡単には殻に閉じこもってしまう心の病でもあるため、助けたい側としてはせめて顔を合わせてもらえない事には励ましの言葉も掛けられないというか…。

どういった行動や言葉で応援したとしても、全てに疑心暗鬼が先立つとも言われる病でもあるため、そもそも励まそうという考えが間違っているのかも知れませんがね。

でも、僕は僕で早く立ち直ってもらいたいという念があるため、誰に相談し、真に回復を試みたいと思うものの、その相談口の模索さえも悩む貴方に対し、ストレートな表現でそれを試みます。厳しい言葉が続くかもしれません。

あなたがこれからの僕の考えを目にしてどう思うかはあなた次第。

でも、僕の個人的な考えでモノを言えば、このまま行動に繋げられないあなたの未来は行動不能という名の現状維持でしかありません。そんな中で良い考えが浮かぶ筈もありません。

ですが、言い方を変えれば、これ以上の損が無いという話にもなるという僕の考えですので、疑心暗鬼のままでもいいので目を通してもらえれば、何かのツテくらい、ぼんやりと見えるかも知れませんね。

あ、ちなみに僕は精神科医でもなく、専門知識もありません。

なので、この先の僕の思いは全て説教みたいなものですので悪しからず。

というか、鬱症状に近付く人への苦情とも取られるかも知れません。

なので精神的ダメージを覚悟出来ない方は、読まない方が吉かもしれません。ブラウザバックどうぞ。

『回復の方法を模索している方や、一刻も早く立ち直りたいと考える方、今のままの思考じゃイケナイ、何でもいいから思考の変化を求たい!』

そう自覚する方だけ進んでください。

鬱病からの脱却|働く事によって鬱になってしまった、あなたに実行してもらいたい5つの話

まず知ってもらいたい事は、鬱になってしまった今現在と、鬱になる以前のあなたの過去です。

『鬱になった』という事は、『鬱ではなかった期間』が必ず存在するわけですね。

そんなあなたは既に過去のものですか?

違いますよ。

あなたがそう思い込んでいるだけであり、周囲関係者のあなたとは『あなた』でしかありません。

もちろん、元気な頃のあなたであり、今はちょっと落ち込んでいる状態。…そんな風に捉えています。

腹を割ろう、包み隠さずに。

『我慢は体に良くない』とは言いますが、まさにその代表となるのが鬱病だと思います。

外観から目視可能な怪我などは時間経過で治癒できますが、心の病は自分でも気付く事の無い難病だとも思います。

そして鬱病と呼ばれる難病のほとんどは心身の負荷を我慢し続ける事で発症します。ストレスが溜まり、それが抱え切れなくなったと同時に生活リズムやそれまでの考え方が一気に変化し、そのほとんどが悪い方向に傾く…という訳ですね。

肉体的な疲れは休む事によって快方に向かいますが、ココロの中に潜める考え事や悩みというのは記憶ある限り、または解決出来ない限りダメージを受け続けます。

そして症状の中でも怖い所は、ココロのダメージが原因で肉体的な自由も奪われるという所です。

かなり重症な話ではありますが、回復法が無いわけではありません。

ココロの負荷が大きくて鬱病に陥ったのであれば、ココロの負荷を完全放出、それが出来なければ軽減すれば良いという話です。

コップと水で例えるならば、今、あなたの心のコップは悩みという水を入れ過ぎて溢れてしまい、コップを敷く布が浸され、その周囲も水浸しの状態です。

ならば悩みという名の水を誰かに打ち明ける事で排出しましょう。

水がコップ内に収まる量になれば溢れる事はありません。時間は掛かってもやがては溢れた水も乾燥して姿を消すという道理です。

悩みが完全解決するかどうかという問題ではなく、先ずはあなたの心身を回復する事が先決ですので、頼りになる誰かを当たる事をお勧めします。

頼れる誰かが居ないのであれば、相談窓口もありますよ。悩み解決の糸口にもなる事でしょう。

気分転換をしよう、気の赴くままに。

自分にとっての難題を抱え込む事で発症する鬱病ですが、同じ悩みを悶々と考え続けても回復するための希望を見付けられる機会は多くありません。

人ひとりの力なんてものはたかが知れており、自分自身の意識とは裏腹に自分自身を救う事すらできないのが人間でもあります。

ならばいっそのこと、時間の成り行きに任せて気が向くままに、やりたい事をやってみるというのも回復の近道となるかも知れません。

もちろんやったからと言って快方に向かうとは断言できません。

…が、やらないよりはやった方が遥かにマシ。という話ですね。

仕事に例えて言えば、全く動かなければどれだけ時間が経っても『ゼロ』ですが、どんなに動作が遅くても動きさえすれば『ゴールは近付く』という話です。

大人になった事でつい見落としがちな自然と触れ合うなんてのはどうですか?

いつの間にか忘れていた学生時代の楽しみを振り返るなんてのはどうですか?

一気に悩みから解放される事は無いでしょう。でも、ほんの僅かでも悩みとは別の方向に意識が向く瞬間がある事だけは確かです。

その分だけゴールは近付いてくる…という考え方です。

自分軸を再生しよう

そもそもそれまでの自分とはどういった存在だったのでしょうか?

あなたは今こうして鬱と診断され、生きているのかどうかも疑いたくなるような毎日を過ごすのが目標だったのですか?

違いますよね。

大志を抱いていたり、大志こそ抱かずとも『普通』または『平凡』と表現される暮らしに身を投じるために社会人として活動していたわけです。

今はちょっとしたトラブルや考えの変化、または頑張り過ぎが祟って鬱状態になっただけ…。

そして『なった』という言葉の裏には『なってない・無縁だった自分』という存在が確かにあった筈なんです。

そういった過去の自分に確実に存在したのは自分軸という脳裏に存在した未来への自分に対する考えです。

自分軸とは言葉通り、自分を中心に置いて考えた未来の人生観の基礎となる基本軸の事です。

  • 自分は社会人として受け止められている。
  • 自分は稼ぐ事ができる。
  • 自分は幸せになれる。

といった考えを基にした行動力・原動力の事です。

全てを『~~になっても良い・~~になれる筈だ』と表現を変えても良いでしょう。

しかし今現在は全ての表現に疑問符が付いてしまい、マイナスの思考にどうしても傾いてしまう時期に入っていると言えるでしょう。

  • 自分は社会人として受け止められているのか?
  • 自分は稼ぐ事ができるのか?
  • 自分は幸せになれるのか?

…と。

自分を見失っているあまり、全てが疑問符で、そして悪くすれば全否定してしまう状態なのです。

では、そうなる前のあなたはどうでしたか?

いちいちそんな事は考えていなかったのかも知れませんが、無意識のうちにそれらの疑問符を打ち消していたからこそ、それまでの自分が成り立っていたという事になりますね。

つまり、様々な鬱の要因に勝っていたという実績があるわけです。あなた自身が。

…という事は、失いかけた自分軸は確実にまだ持っている事になり、それを修復できるかどうかはあなた自身に委ねられます。

そして生きている限り、それは実現可能な事も保証します。

医者もカウンセラーも医薬品も、あなたの心に一時的な変化を与えたとしても、決して心や記憶に触れる事は出来ません。あなた自身を真の意味で回復させるのはあなた自身でしかないからです。

その一方で忘れないで欲しいのは、過去の元気だった頃のあなたは確実に存在したという事です。

職場はいつでもあなたの帰還を待っています。それに気付けなかったり信じられなかったりするのが疑心暗鬼の怖い所ですが、その疑心暗鬼すらも無視する権利があなたには与えられているのです。

周囲が嫉妬するほどの強固な自分軸を作り上げましょう。

作り上げる自分軸は壮大な程に良い効果が期待出来るでしょう。壮大な程に動かなければ意味が無く、壮大ゆえに原動力になりますからね。

という事で、『まず無理じゃん!』くらいの自分軸設定が程良いのでは?

『現実、こんなモンだよな、アハハ…』

結果的にはこのくらいがベターです。あなた自身の考える『一般・普通』という意味では。

宇宙規模で自分を眺めよう

だいぶ昔のテレビ番組の話ですが、偶然目にした1シーンが印象的です。

とあるタレントの親がタレント本人の悩みを聞いた際に答えた言葉が

『宇宙規模で物事を考えよ』

というものでした。

宇宙規模で例える人類とはどれほど小さな存在でしょうか?

その小さな人類の中のあなたという存在は更にどれだけ小さなものでしょうか?

例えるならば海岸の砂浜を思い浮かべてください。

その中の1粒の砂があなたなのです。

そんな小さな存在の悩みにどれだけの意味があるのか?

といった話でしたが、これを僕なりに汚い表現で言い表すならば、

『鼻くそ以下の存在が一丁前に何を悩んでいやがる!』

という話なんですね。

人類が鼻くそ、僕も鼻くそ、あの人だってこの人だってみんなが鼻くそ。もちろん、あなたも鼻くそ。下手すりゃ地球そのものが鼻くそ。宇宙規模で言ったならば…。

そんな感じです。

宇宙規模では取るに足らない存在なのですから、そんな存在がアレコレ悩んだって仕方が無いという話です。

せっかく授かった生命という名の時間を生きながらに消費するのであれば、せめて

『自分にとっての明るい人生』

というお題目の為に消費したいものですね。同じ悩むでも随分と有意義になるのでは?

立ち止まっている場合ではありませんよ。

今現在の会社だけが自分の居場所じゃない

この話はどこぞの会社勤めの末にうつ病と診断されてしまったあなたに対して綴っています。

つまりは今現在のあなたが在籍する会社にはきちんとあなたの居場所が確保されているという前提で話を進めています。

…これってあなたにとって、鬱の回復を妨げる大きな原因になっていると僕は考えるのですが、…違いますか?

『いっそのこと、クビにしてくれ!』

なんて思っていませんか?

あなたの鬱の原因が現在勤める会社にあるのであれば、あなたはその会社に在籍する限り、その症状から逃れられない可能性が高いという事を……多分、理解しているでしょう。

会社はある種の責任を感じ取っているからこそあなたの滞在権利を認め続けますが、その一方であなたの考えの甘さが決断を鈍らせ続ける側面もあるという話です。

会社は言い続けるでしょう。『いつでも戻って来い』と。

でもあなたは迷い続けるでしょう。『戻りたい。…けど、これだけ迷惑掛けて戻っても良いものか…?』と。

会社の対応に甘えたい自分と、それでもどんな顔をして良いのかが分からない自分とが交差し、考えれば考えるほどに混乱し、同時に時間を消費します。

歩き出せばなんて事の無い現実に向かう勇気が湧かず、『でもな、でもな…』と考えてばかり。

疲れて当然です。

 

という事で『行動第一』に切り替えてみては? という話に移してみます。

少しばかり視野を周囲に広げてみてください。単刀直入に言いましょう。

 

『会社』とは、今あなたが在籍する企業が世界の中での唯一ですか?

『働く場』とは、あなたにとって今の会社が唯一絶対ですか?

 

………違いますよね。

責任感の強いあなたは自分の中の責務を考えるあまり、自由な発想というものをすっかり忘れているのです。

会社は数え切れないほどに溢れており、そのジャンルも様々なうえ、同じ内容の会社も多々ある筈です。

いま抱えて悩む鬱の原因が現在在籍する会社にあるというならば、いっそのことその会社を辞めてしまうというのが手っ取り早い回復法に繋がるという話でもあります。

呪縛からの解放…と表現すれば、やや大げさかも知れませんが、それでも鬱を患うあなたの気持ちに置き換えれば丁度良い表現かも知れません。

今とは異なる企業に入社すれば、その時点であなたの病状やあなたの過去はおろか、あなたを知る人が居ない状態で物事は始まります。

あなた自身が真新しい人材として受け止められるという話です。

現在の会社に関する煩わしさの一切を捨て、新たな気持ちで再スタートする事が出来るという話ですね。

捨てた会社の同僚やその後の自分に対する不安の気持ちが心配?

安心してください。多くの会社はあなた1人の欠員が原因で潰れる事はありませんし、居なければ居ないでどうにかしなくては存続できない話でもあります。

何よりも大多数の会社内部における『その道(会社)一本筋』の従業員の存在は2割にも満たず、8割以上は何らかの理由で社を離れ、転職または独立起業をしているものです。

そんな事よりも今はあなたの鬱からの脱却が最優先です。

転職の影響で給料や地位の問題は確かに発生するかも知れませんが、現状を引きずってどちらに傾くか分かりもしない一生を天秤に掛けるのと、生活基準は変化する可能性はあるものの、確実にやり直し可能な一生とではどちらが得策か?

という話なのです。

鬱病からの脱却|働く事によって鬱になってしまった、あなたに実行してもらいたい5つの話 まとめ

最後の話は方向性が異なりますが、それでも全て本音です。

何から何までもが疑わしいと感じ、全てに対して嫌気を覚え、最終的には身体に悪影響を及ぼすのが鬱病と呼ばれる病ですが、だからと言って回復の手段が無いわけではありません。

実際、僕の身の回りで鬱に陥っても回復した知人は少なくなく、今では元気に活動しています。

問題は鬱という病状…というよりは自分の中の難題に拘るあまり、回復という思考に辿り着けないところに悪化の原因があるわけです。

しかし、回復という思考に辿り着けない人に『回復の思考を持て』と言っても、それすらも疑心暗鬼の良い素材になってしまう事でしょう。

身近な人間が心配するほどに心が弱る病なのです。

回復なんかするもんか。
それが出来れば苦労しないよ。

といった具合です。

ならば、今の問題から解放されれば万事…とはいかなくとも、大部分は解決です。

今の住居に居続けられる理由は何ですか?

恐らく『不安定な状況下でも安心出来る空間だから』でしょう。

という事で、その住居を本拠地とし、思い切って会社を去るという方法も選択肢の1つです。

今現在の多くの疑心暗鬼から強制的に解放される、か弱い自分の数少ない強力な一手です。

収入は一気にゼロになるでしょう。しかし、それと引き換えに今現在の抱え込み切れない悩みの元も全て破棄できます。

代償は決して小さなものではありませんが、全てを捨てる事で心の余裕が生まれる事は確かでしょう。

そして気付けば暇を覚え、貯金の減少が気になり始めます。

ここで気付いて欲しいのは、暇な時間と金銭的余裕の考えを持つに至ったという事です。

鬱状態の時には『暇』も『金銭』も考える事は無かったでしょう。

実は働かない事によって時間を持て余している事にも気付かず、食べる為に消費するお金を計算する意識すら湧かなかった筈です。そのくらい問題に対して悩んでいたという事です。

しかし、こうした考えを持てるようになったという事は既に心の余裕ができ始めている証拠であり、そこまで到達すれば、おのずと次に取るべき行動は理解できるでしょう。

生きる為に再び収入を得る、という事です。うかうかしていられませんよ。

でも、そんな中でもう1つの間違った悩みが生まれます。

さて、なんでしょう?

悩み事の解消後の悩みと言えば、

『繰り返し同じ事が起きないか?』

という事です。

また同じ目に遭ったらどうしよう?
こんな思いは2度としたくないよ…。

そう思うかもしれませんね。

でも、安心してください。

既に上述していますが、転職後の職場となる、いわば新天地ではあなたは新人として入社するため、あなたを知る人が皆無なのです。

あなたが事実を口にしなければ、誰もあなたの鬱時期を知る人物は居ないという事です。

運悪く顔見知りが偶然働いていたとしても、あなたのここ最近の状況を把握しているケースはほぼ皆無でしょう。あなたが好んでアレコレと言わない限り。

なので、別に生まれ変わる意識ではなく、あなたが生まれながらに持つ性格で、あなたの『普通』で勤務すれば良いという話です。

入社時のドキドキ感、不安感はもはや鬱から来るものではなく、見知らぬ現場で誰もが味わう『新鮮さ』という名の高揚です。

でも、これはあくまで最終手段であって、可能であれば、元の会社に戻る事が一番好ましいですね。

そう考えるのであれば、先ずは『相談』。この一言に尽きるでしょう。

 

最後まで目を通してくれるあなたであれば、きっと回復は早いでしょうね。

応援しています。

 

赤の他人のすえより。

関連記事

【鬱寸前からの脱却|働く事によって鬱になりそうな、あなたに説教したい5つの話】へ

【鬱病からの脱却|働く事によって鬱になってしまった、あなたに実行してもらいたい5つの話】へ

鬱病からの脱却 体験談|実際に鬱だったかもしれない僕の5つの話【症状?編】

個人的な努力【遅刻対策 目指せ通常出社! 遅刻だらけ人生の早起き大作戦!!】へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました